2009年2月24日 (火)

JAZZYな我が家

Cimg1145昨日は、自宅のほうにおいてあるグランドピアノの調律の日でした。

いつもお願いしているのは、十数年来お世話になっているベテランの調律師さんです。

やもりんの大切なピアノ…約3時間をかけて、丁寧に調律して下さいました。

このピアノ、ヤマハ製のC3…購入してから13年目なのですが、やもりんの弾き方や、部屋の広さなど、全てにおいて音との相性がよく、鍵盤のタッチもとてもしっくり来る、やもりんにとっての最高のピアノです。(自画自賛ですcoldsweats01

なのに、最近あまり弾いていないなあと反省…think

Cimg1139

そこで登場したのが、やもりんの長女。

横浜の音大でジャズの勉強をしているのですが、一昨日、春休みなので帰ってきましたbullettrain

彼女の専攻楽器は「アルトサックス」ですが、ピアノのほうも勉強中note

早速、調律したばかりのピアノをポロンポロンと弾き始めました。

帰省するたびに、弾いてる曲が、ジャズっぽくなっていて、聞いていると心地よく感じるようになりました。

音楽なのだから同じようなものだと思うのですが、ジャズとクラシックは、全く入り口が違い、勉強する内容も全然違うみたいです。しゃれたコード進行など、聞いていて盗んじゃおうと思うのですが、なかなか複雑で難しい!

こんな内容を専門に勉強できる娘をうらやましくも思いながら、JAZZYなBGMの流れるひとときを楽しんでいるやもりんですconfidentheart02

| | コメント (0)

2008年10月 4日 (土)

アンドレイ・ピサレフ ピアノリサイタル

Cimg0337今日は、ロシアのピアニスト「アンドレイ・ピサレフ」さんのリサイタルに行ってきました。

ピサレフ先生は、くらしき作陽音楽大学の「モスクワ音楽院特別演奏コース」教授をつとめられ、倉敷にはとてもご縁のある方ですが、さらに、エイコーンの岡田先生ともご縁の深い方で、今回も、岡田先生がピサレフ先生のマネージャー役でした。

このリサイタルでは、やもりんは、もちろん演奏も楽しみにしていましたが、ロビーでCDを販売するお手伝いをすることになっており、今日は、午後3時開演だったのですが、1時に会場に到着しました。

Cimg0331

倉敷市芸文館は、収容人数約800名、倉敷市が誇る、とても素晴らしいホールです。

ロビーは、とてもおしゃれな雰囲気でしょう?少しドレスアップして行きたい気分ですね。

Cimg0332

ピサレフ先生のCDを数種類、開演前に並べて、準備完了です。

CDお買い上げの方は、終演後にサイン会で先生にサインをしてもらえるとあって、かなりの売り上げでした。

一緒にお手伝いをしてくださったのは、エイコーンの生徒さんの親御さんと岡田先生のお友達の先生でしたが、ピーク時には、3人フル稼働でCDを売りましたよー!

リサイタルのプログラムは、前半がベートーベンの「ピアノソナタ」後半がラフマニノフとリストでした。繊細な音色も素敵でしたが、迫力の音色もすばらしく、演奏に引き込まれてしまいました。

なんと言っても、すらりとした長身に甘いマスク…。40代とは思えないような若々しい素敵なピサレフ先生でした。

| | コメント (6)

2008年8月26日 (火)

元気な子供たちいっぱい!

Photo_3今日やもりんは二福学区「ふくふくサロン&ひまわりの会」交流会の行われる、福田公民館にお邪魔しました。

小さな子供たちとお母さん達が集う「親子クラブ」と「子育てクラブ」合同のイベントで、会場は、元気なちびっ子と若いお母さん達がいっぱいでした!

Photo_4いつもお世話をしてくださっているスタッフの中の、石岡さんが、まずは、楽しい手遊びで子供たちをひきつけます!→

その後、やもりんが、ピアノを弾いたり、リズム遊びをしたり…本当に元気のいい子供たちがニコニコ顔で一緒に楽しんでくれたので、もち時間はあっという間に終わってしまいました。

Photo_5続いて、おやつタイムがあり、一息いれた後は、自由に遊ぶ時間です。

これは、プールの中のお魚を釣るゲーム…牛乳パックなどで作られたお魚を、磁石のついた釣り糸をたらしてつっていくものです。

Photo_6手作りのこんなアンパンマンも大活躍です。

子供たちに大人気で、あちこち出張出演していましたよ!

他にもバイキンマンや、ショクパンマンもありました。

やっぱりアンパンマンは永遠のアイドルヒーローですね!

Photo_8 こんな青虫のお人形も…。

妙にやもりんは、親しみを感じて、しばらく遊ばせてもらいましたよ~coldsweats01

口もパクパクして、可愛いんです!

子育てを支援して行こうというスタッフさん達は、優しい笑顔で子供たちやお母さん達とお話したり、遊んでくれたり…。

若いお母さん達も、リラックスして、子供たちや、お友達と楽しむことができる場があるというのは、本当に心強いですね。

それに、おやつを作ってくださるのは、地区の栄養改善委員の皆さんです。

今日は、おにぎりとゼリー(お漬物や佃煮もありました)をごちそうになりましたよ!

やもりん食い意地が張っていて、ついつい写真を撮るのを忘れてしまいましたcoldsweats02

とっても美味しく頂きました!

お世話になった皆さん、有難うございました。

今日もたくさんのパワーをいただいた一日でしたannoyflair

| | コメント (0)

2008年8月24日 (日)

喜之助フェスティバル

Photo_8

イベント続きのやもりんです。

今日は、瀬戸内市邑久町の「喜之助フェスティバル」にお邪魔しました。

5月14日のブログでご紹介しましたが、やもりんは毎年このイベントにお邪魔するのを楽しみにしています。

今年は、「ちょう・かえる一座」の作品「りゅうの目の涙」BGM全曲と、「つきみ草」の「ピエロのラブストーリー」の曲「喜之助物語」の一部分のBGMを作らせていただいていました。

皆さんアマチュア劇団で、それぞれお仕事のお忙しい中、人形つくりから操りの練習まで、この日のために1年をかけて頑張ってこられただけあって、チームワークもバッチリです。

昨日、今日の二日間で、17のプロ・アマ劇団が邑久町公民館とその向かいにある邑久高校などの10箇所ほどの会場で何回も公演を行うので、見たい劇団の時間に合わせて、その会場に行くというワークショップ的な感覚です。どの会場も歩いてすぐのところなので、上手く回れば、かなりたくさんの人形劇が楽しめるんですよ!

Photo_9出番を待っている人形たちは、糸が絡んでしまわないようにこうして吊り下げられています。

上から写していますが、卓球台を利用していますね…。

Photo_10 少し近づいてみると、こんな感じです→。

どのお人形もひとつひとつ手作りで、命を吹き込まれています…。

動きもとてもしなやかで、生きているように動くんですよー!

Photo_11公演が終わった後、ちょうかえる一座のみなさんが、人形と一緒に登場したところです。

子供たちも、人形の動きに目を輝かせて見入っていましたよ。

本当に温かくてほのぼのした素敵な人形劇でした。

「ちょうかえる一座」のみなさんも、「つきみ草の皆さんも、とても素晴らしかったです。お疲れ様でした。

やもりんのBGMもうまく使っていただいていました。感謝ですconfidentheart02

Photo_12喜之助資料室では、彼が制作した人形の一部を展示してあり、喜之助さんの偉大な功績をうかがう事が出来ます…。

地域のみんなで参加する、喜之助フェスティバルは、今年で20回を迎えたということです。(やもりんは、8年前から毎年お邪魔しているんですよー!)

Photo_14会場では、地域の色々な団体がそれぞれのテントを出しています。

手作りコーナーで、藍染めや草木染の製品を見つけました。「私たちはね、材料費だけで、儲けはいらないんですよー」という、太っ腹な、にこやかなグループの、皆さんの笑顔に誘われて、今日の記念に、このストールを買いました。

シルクで味わいのある草木染、やもりんの大好きな色のストール…なんと、1500円!超お買い得でしたmoneybag

night night night night night

夜は、三田屋でのお仕事でした。

すっかり秋めいてきて、夜は涼しくなりました…。少し小高い場所にある三田屋の木々を吹き抜ける風が、心地よかったですconfidenttyphoon

| | コメント (2)

2008年8月23日 (土)

香川県丸亀へ

前回、3月22日に丸亀市の図書館にお邪魔して、丸亀おはなしの会「くれよん」のお手伝いをさせていただきましたが、またまた今回もお誘いいただいて、行ってまいりました。

Photo_2今回は大学生の娘と一緒に行きました。

電車に乗ることになれていないやもりんは、やはり今日もオドオドモード…娘がいてくれて本当に安心でしたtrain

瀬戸大橋を電車で渡っていくと、児島駅から海を隔てた坂出駅まで、たったの15分です。

あっという間に坂出に到着!そこには懐かしい雁木先生の笑顔が…happy01今日は一緒に朗読をする松下先生も一緒でした。

まず腹ごしらえということで、有名なうどん屋さん「彦江」へ連れて行ってくれました。有名なうどん屋さんというので、さぞ立派な所だろうと思っていたら、車はどんどん住宅地に入り込んでいき、空き地の駐車場から、さらに歩いて50mほどのところにあったのは…小さな製麺所でした。

皆さん常連さんなのでしょうか…段取りがわかっていて、やもりん親子も右にならえ状態…。自分でどんぶりを取る→ゆでたての麺を入れてもらう列に並ぶ→「大」か「小」か聞かれるので心の準備をしておく→「小」と答えてどんぶりに麺を入れてもらう→違う列に並んで、だしをかけてもらう→ねぎやしょうが、天ぷらなどを自分でトッピングする→席について食べる→どんぶりを持っていき指定されたところに返す(残っただしや割り箸をきちんと分けて入れる)→自己申告して精算する

という手順です。製麺所なのでトッピングのねぎやしょうがも無造作に置いてあり、だしも床においてあるでっかいバケツから、ひしゃくで汲んでかけてくれると言った豪快さ…sweat01

やもりんは、ちくわの天ぷらを載せていただきましたが、麺には「こし」があり、なかなか美味しいうどんでした。香川に「キタ~!」って感じです。

雁木先生にごちそうになってしまいましたが、4人で食べても850円なのだそうです…またまたびっくり~happy02

book book book book book

Photo_4さてその後、車で丸亀市まで…図書館は20分くらいのところです。

ちょうど駅前の広場では「婆沙羅(ばさら)祭り」という踊りの祭典が、今日明日の両日行われているということで、とても賑やかでした。

美術館の入り口がちょうどステージのようになっています。

Photo_3その美術館に隣接している市立図書館の一室で「おはなし会」が行われました。

なんと今日は、みんなで浴衣を着ようということになっていて、やもりんも自分の浴衣を持参…。娘も雁木先生の浴衣を貸していただくことになり、歌のお手伝いをすることになりました。

Photo_2まず…松下先生が、「凸凹ぼし物語」というお話をして下さいました。

先生は風邪で喉を痛めておられたのですが、子供たちが静かに熱心に聞いてくれたので、小さな声でも大丈夫でした。

Photo_6次に …「おまえうまそうだな」という恐竜のおはなしです。パペットを使ってお話をしてくださったのは、平沢先生です。雁木先生もお手伝いです。

大型絵本なので、松下先生は本を持つ係りです。

やもりんは、もちろんBGM…。

Photo_7

最後に雁木先生の「うたう されこうべ」のお話です。

先生手作りの「しゃれこうべ」を手に持って…

これが実に良く出来ているしゃれこうべで、本当にうたうように口がパクパクするんですよー!

Photo

子供たちもおはなしの世界に入り込んでいます。

とっても静かに…熱心に聞いてくれていました。楽しそうでしたよ~

保護者のみなさんも一緒に楽しんでいただけたようでした。

本当に貴重な体験をさせていただきました…。

雁木先生、松下先生、平沢先生お疲れ様でした。有難うございましたhappy01heart02

それから、やもりんが弾くためのキーボードも雁木先生の同僚からお借りしたものだとか…大切な楽器を有難うございました。おはなし会の写真は、別のスタッフの方が写して下さって、ブログ用にと雁木先生が提供してくださいました。感謝confidentheart04

やもりんも娘も、夏休みの良い思い出が出来ました!!

| | コメント (2)

2008年7月31日 (木)

「♪泥ちゃん音頭」

Photo_4FMくらしきの長寿番組で「プリティーウーマン」という市民制作番組があります。

やもりんが、FMくらしきでお仕事をするきっかけになったのが、この番組です。

今から9年程前でしょうか…ゲストとして出演させていただいたのがきっかけで、ラジオの世界に足を踏み入れることになりました。

パーソナリティーの池ちゃんこと池上清美さん、ともちゃんこと平松ともこさん、てっちゃんこと福山哲郎さんが毎週ゲストをお迎えして、心温まるお話しを聞かせてくれます。

以前、ともちゃんが、ポエムの朗読をするコーナーでやもりんは毎週1曲づつ、BGMを作らせて頂いていました。そんなこんなで、やもりんはここのスタッフのみなさんにも可愛がっていただいていますheart01

さて、この番組のゲストで、ときどきご出演されている「土屋法明さん」という方がおられます。

土屋さんは、35年ほど前、困っている友人の借金の保証人になり、自分が全額肩代わりすることになってしまい、何もかも失い、何もないところからの生活が始まりました。ご苦労を重ねて。全額返済完了した今でも困っている人には暖かい手を差し伸べる精神を忘れず、自由に誰でも土屋さんのうちには出入りできるんだとか…。ご夫婦共々、常に笑顔で、明るくて、周りのことを一番に考えておられるすてきな方です。

さらに…今から15年前に、若くして亡くなった娘さんの初盆に、悲しんでいては娘さんも喜ばないという想いから、ご自宅の庭を近所のみなさんにも開放して、お祭りをすることを思いつき、それ以来毎年、感謝祭と題して、8月にお祭りを行っていらっしゃいます。

Photo_5今年が15回目ということで、やもりんは、昨年からお約束していたのですが、みんなで踊れる曲を頼まれていて、歌詞を土屋さんご本人に作っていただき、曲をつけました。

土屋さんの「土」から「泥ちゃん音頭」というタイトルになっています。(けして泥棒さんの歌ではありませんので…)

うれしいことにプリティスタッフで健康体操指導者の早田正美さんが、振り付けをしてくださり、プリティーのメンバーで歌もうたって吹き込みました。

写真は、右から早田さん、土屋さん、奥様、やもりんです。

今年は8月12日(火)に賑やかにお祭りが行われます。「泥ちゃん音頭」もお披露目です。皆さんに楽しんでいただけるといいなあ!

こんな素晴らしいご縁に感謝!happy01

karaoke karaoke karaoke

おっと…忘れるところでした。

今日は中継のお仕事もしましたよー!

市内の「同心幼稚園」の園児たちの作品展にいってきました。

子供たちのパワーを作品から感じましたよ!

詳しくは 「FMくらしき:おでかけラジオ」 をごらんくださいね。

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

元気いっぱいです!

昨日の「うなぎにょろにょろパワー」なのでしょうか…やけに今日は元気いっぱいflairのやもりんです!

今日の放送「わくわくフライデー」の食育のコーナーで有井先生もおっしゃっていましたが、うなぎは色んな栄養素が豊富にバランスよく含まれているので、夏の体力維持にはバッチリな食材なんだそうです…。

丑の日だけではなく、ちょくちょく食べなければいけませんね。

Photo_2

今日は、午前中のオンエアを終えた後、色々な段取りを済ませ、とりあえず家に帰りました。

車はハンドルも握れないほどの灼熱地獄ですimpact

実は、やもりんの車rvcar…ちょっとバッテリーがやばい状態なのです。これだけエアコンをガンガンにかけていたら無理もない話しなのですが、のろのろ運転や信号待ちの時に、エンジンが止まりそうになるので、ここしばらくは、そういうときにはエアコンを停止させています…なので車に乗るのは命がけsweat02…とは大袈裟ですが、暑い上にさらに暑いのですshock

夕方、以前やもりんが勤めていた「倉敷養護学校」の夏祭りがあるということだったので、行きたいなあと思っていたのですが、その後の予定もあったので、今回はパスしました。(また涼しくなった頃にお邪魔しようと思います)

夜になってから「エイコーン」の岡田先生のお宅へ…。

中学生のお嬢ちゃんから「あ、やもりんさんですか…」と話しかけられました。何度も先生のお宅にお邪魔しているのに、こんな風にお話ししたのは初めてでした。聡明なとてもしっかりしたお嬢さんですhappy01もうすでに私は「やもりん」として定着しているようです…。なんだか、それもうれしいheart02

今日は、8月に行われる、あるパーティーで岡田先生と一緒に演奏させていただくので、その練習と打ち合わせです。

エイコーンでは、色々なイベントも企画していて、どなたでも参加できるものばかりです。詳しくは先生のブログの中でご紹介してありますのでご覧くださいね。

岡田先生との演奏…先生の足を引っ張らないようにしっかり練習しなくては!

| | コメント (0)

2008年7月18日 (金)

シャンソンの祭典 岡山「パリ祭」

「わくわくフライデー」のオンエアの日でした。

オンエアの後、以前リポートでお邪魔した児島小学校に収録のテープを届けに行きました。考えてみたら明日から夏休み…子供たちに、このテープを渡しそびれたら、9月になってしまいます。

それから、先週リポートした「風蘭」。夕方になると強い良い香りがすると言うことで、ご好意でご主人が一鉢、貸して下さっていたので、これも返却に…。香りをしっかり楽しませていただきましたheart04

Photo_14さあ…その後は、岡山シンフォニーホールです。

2008岡山 第17回「パリ祭」シャンソンの祭典

東京では、シャンソン歌手・石井好子さん(85歳だそうです…ものすごくパワフルでびっくり!)のプロデュースで、46回目を迎えたそうですが、岡山では、昨年亡くなられた岡山出身の、木原光知子さんが、石井さんとの友情から誘致し、17年前から行われている催しです。

ミミさんという愛称で、みなさんに愛されていた木原さんですが、ことのほか親交の深かった「谷村新司さん」が岡山だけの特別ゲストとして、出演されて、ミミさんにささげる曲を3曲披露されました。

「いい日旅立ち」、ミミさんがとても大好きだった曲「昴」、そして「忘れないで」をピアノだけの伴奏で歌い上げられました。ものすごく感動…confident

ご出演の皆さんは、テレビでもおなじみの顔ぶればかり…前田美波里さんをはじめ、今回はキム・ヨンジャさんや、菅原洋一さん、そして若手の皆さんです。

やもりんが、先日からご縁のある、倉敷出身の原洋子さんもご出演でした。

みっちり3時間のステージ…なじみのあるシャンソンから、初めて聞くようなドラマティックなシャンソンまで、ミュージカルを見ているような感覚で楽しめました。

バックの演奏も、アコーディオン、ピアノ、ベース、シンセサイザーキーボード、ドラムのたったこれだけのメンバーでしたが、さすがプロの演奏…素晴らしかったです。

cd cd cd

Photo_6ひとつお知らせがあります…。

原洋子さんの新しいアルバム「百年の愛」が本日、

株式会社:EMIミュージックジャパンから発売になりました。

heart01

曲目は、

 1、百年の愛

 2、愛を歌って

 3、永遠の愛の香水

 4、パリのめぐり逢い

 5、詩人のうた

 6、そして今は

 7、愛の賛歌

 8、涙

 9、マイ・ウェイ

10、ママ 世界で一番美しい人よ

11、世界は二人のために

12、聞かせてよ愛の言葉を

13.星降る夜の子守歌

ピンク色の曲目は、やもりんが伴奏を作らせて頂きました。

| | コメント (6)

2008年7月 5日 (土)

有難うございました

Photo「プラネタリウムコンサート」無事に終わりました…

お越しいただいた皆さん本当に有難うございました。

やもりんも楽しみながら演奏できましたよー!

ほんとうに感謝です…。

ご近所の方、FMくらしきのメンバー、リスナーさん、お友達や懐かしい人たち、わざわざ県北からも大好きな先生がお越しくださり、会場は満席でした…。

科学センターの方々もスムーズに進行できるように、各方面でサポートしていただきました。有難うございました。

本当に今日は幸せな一日でした。

皆さん…有難うございましたheart01

| | コメント (4)

2008年7月 2日 (水)

園児パワーGET!

Photo_2前にブログでも書きましたが、今日は「連島東幼稚園」に訪問させて頂きましたhappy01

会場に到着すると、おゆうぎ室のステージには「やもりちゃんクラブ」という文字と一緒にとっても可愛い飾り付けがされていて、壁には「やもり」の切抜きが貼ってあります!

今回はPTA主催ということで、この飾りつけはお母さんたちで作ってくださったそうです。やもりん…感激~ぃheart04

Photo_3今日のこの日のための、入場チケットまで作ってあって、またまた…やもりん…感激~ぃheart04

保護者の方が、来られたときに、消しゴムで作ったやもりのハンコを、押してくださるようになっています。

すごーい!消しゴムのハンコは芸術作品のようでした!

準備が本当に大変だったことと思います。

Photo_5さらにさらに…おゆうぎ室の入り口は子供たちがわくわくするようなトンネルになっています!

トンネルの中にも、やもりの切り抜きが、たくさん貼ってあり子供たちは大喜び!

みんなこうやってトンネルを通って会場入りです。

それにしても、こんな大きなダンボール…冷蔵庫か何かの箱でしょうか…。

Photo_6約1時間の間、園児たちと色んな楽器を使って音楽遊びをしました。

年少組のお友達には、カラフルなプラスティックの棒「ブームワッカー」でnoteドレミの歌を体験してもらい、次にミュージックベルの音を聞いてもらってから、年長組さんには、「トーンチャイム」の美しい和音で、noteきらきら星を体験してもらいました。

全員のお友達に楽器を触ってもらい、楽しい時間でした。

最後はやもりんのオリジナル「やもりのチー太」をみんなで歌って終わりましたhappy01

Photo_8

好奇心旺盛な子供たちは、目をきらきらさせて、楽器を演奏したり、歌ったり…やもりんも汗だくsweat01でしたが、とっても楽しいひとときでした。

園児たちの純粋で、まっすぐなピッチピチのパワーをGET!shine

それから…なんと!以前やもりんが、地元の少年少女合唱団で伴奏者をしていた頃の、団員だった女の子が、ここの幼稚園の先生をしていて、(もうすっかりベテラン…)とっても懐かしい再会でした!

さらに、同じ合唱団で伴奏者をしていた先生にも再会…彼女は園児の母という立場。世間は狭いというか…長く生きてきたお陰というか、でもみんなが頑張っている姿を見せていただきこれまた元気をもらいましたshine

お世話になった園長先生やPTAの皆さん、そして元気な子供たち…本当に有難うございましたhappy01

rvcardash

さて…午後からは中継です。

今日は、玉野市番田というところに行って来ました。

Photo_9

「果舟苑(かしゅうえん)」と名付けられた果樹園でスモモの収穫が始まったという話題です。

倉敷からは、40キロほどの場所で、1時間以上かかりましたが、方向音痴のやもりんも何とか、たどり着けました。

甘~いスモモをたくさん食べさせていただき、お腹いっぱいでした!

幸せな中継…karaoke

詳しい内容は 「FMくらしき:おでかけラジオ」でご覧くださいね。

| | コメント (0)