« 音源を届けに…児島へ | トップページ | 週明けです。 »

2012年3月18日 (日)

結婚式のお仕事

本日は、久しぶりのチャペル挙式のオルガン演奏の仕事でした。

Cimg2942

↑岡山市にある「アムボエル」さん。

バージンロードは、ガラス張りでガラスの下には「星の砂」が敷かれています。

まずは、10時からの挙式…。

ここでお仕事させていただいたのは、本当に久しぶりです。

神聖な挙式のなかでの賛美歌や、聖歌隊のコーラスの伴奏などを弾かせていただきました。

次の挙式は15時30分…。

2012031813580000

↑待ち時間がかなりあるので、近くの「ココス」でお昼を頂き、まったりと読書タイムをしました。

お昼時の人が多い時間に、悠々とひとりで席を陣取って、本を読むのはかなり勇気が要りましたが、こんなこともできるようになったんだと、苦手だった「ひとりご飯」を克服できた自分がエライっと思ったりして…sweat01
(お店の方…ごめんなさいhappy02

そうこうしているうちに、同じ会場で 「花嫁レッスン」をされていた辻さん が到着。

終わったらお茶をしましょうと約束してあったのですが、お互いの仕事の時間もあり、正味20分弱の「ショートティータイムcafe」になりました。

でも、久しぶりにたまきさんにもお会いできて、テンションアップでしたhappy01

たまきさ~ん、お疲れさまでしたねheart02

お忙しい中、私に会ってくださって有難うございましたhappy01

2回目の挙式も、気合を入れて心を込めて演奏させていただきましたnotes

Cimg2943

今日はお天気がいまいちだったのですが、帰りには、こんなに明るい陽が射してきました。

素敵な挙式のお手伝いができて幸せでしたheart02

|

« 音源を届けに…児島へ | トップページ | 週明けです。 »

コメント

初投稿させていただきます。
 文藝春秋をカフェで読まれましたか。確かにエッセイ等短文を読むのには適しているでしょうね。
 「もしドラ」ではなく「もし円城」(もし,やもりんさんが円城氏の芥川賞受賞作を読んだら)ではどうかな?と興味津々です。ちなみに私は,読破を諦めました。

投稿: こんたみ | 2012年3月25日 (日) 09時54分

こんたみさま…コメント有難うございます。

私は、「文藝春秋」の中の、まずは、田中氏の「共喰い」を読みました。
なんだか、私には理解できない世界で、芥川賞とは、このような作品に与えられるのかと言う衝撃もありました。
その後、円城氏の「道化師の蝶」を読みかけたのですが、どうも難しく感じられて、すんなり入れなかったので、そのまま読むのを辞めてしまいました。

話題の作品だから、手にとって見たものの、やはり好みや、気分で、なかなかすんなりとは行きませんね。

もう少し違う機会にチャレンジしたら、すんなり読めるのかもしれませんが…

投稿: やもりん | 2012年3月28日 (水) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音源を届けに…児島へ | トップページ | 週明けです。 »