« 若手新進ピアニスト「中桐望」さん…のんちゃん! | トップページ | 楽器の名前… »

2011年9月25日 (日)

くらしのこころ学「こころ物語トーク&トーク」in倉敷物語館

本日は、倉敷美観地区入り口の「倉敷物語館」に伺いました。

Cimg0357

↑まさに「白壁の町倉敷」って感じの風景ですが、本当に秋晴れの空とぴったりの風景です。

Cimg0354

↑今日の催しが行われる会場を写していたら、主催者ナビゲーターの池ちゃん登場…heart04

思わずピースでにっこりしてくれましたshine

Cimg0351

↑雰囲気のある会場のなかには、こんな張り紙が、お客様を迎えてくれます。

くらしのこころ学

「こころ物語トーク&トーク」

テーマ:人を思う優しさを磨こう…一人ひとりの心を大切に…

素敵なタイトル…ですねheart02

Cimg0353

↑4人の方々の、20分ほどのトークです。

今日、やもりんは、そのトークをさせていただく一人として、そして他の3人の皆さんのトークのBGM演奏として、参加させていただきました。

最初は、BGMを演奏するだけだと思っていたのですが、会が近づいてお話もするのだと知り、ちょっと焦り…sweat01

karaoke karaoke karaoke

13:00…ナビゲーターの平松ともこさん「ともちゃん」と池上清美さん「池ちゃん」の最初のお二人のオープニングトークがはじまりました。

お二人はFMくらしきの市民製作番組「プリティウーマン」のパーソナリティーで、やもりんもいつもお世話になっています。

明るくて、温かいお二人に会うと、なんだかハッピーになれる、お二人は、そんなオーラが出ているんです…。

でも今日、そのハッピーオーラは、こうしていつも「こころ磨き」をされているからだとわかりましたshine

heart02 heart02 heart02

さて、最初のトークは、やもりんですsweat01

会場には、人生の大先輩ばかり…そんな中、まだまだ未熟な自分のことをお話しするのはとても申し訳ないばかりです。

でも、現在、やもりんが演奏の仕事と、話す仕事を両方することになったきっかけなどについて少し話をさせていただき、残りの時間は、会場の雰囲気からひらめいたメロディを即興で演奏させていただきましたcoldsweats01

heart04 heart04 heart04

続いては、岡山市藤田でレンコン農家をされているご両親のもと、管理栄養士としてご活躍の「中原佐和子さん」のお話でした。

Cimg0359

↑ご両親との暮らしの中で、長女としてのこころの葛藤や、お母様とのかかわり方など、素直な視点からのお話に、会場の皆さんも熱心に聞き入っておられました。

お話の中で、個人的にとても興味深く思ったのは…

レンコンを市場に持っていくと他の新鮮な野菜に出会うため、味覚がとても敏感で、食べるものすべてが、どういったものを使っているかを感じてしまうそうです。

妹さんからは、「そんなふうに考えて食べたら疲れるでしょう?」と言われるそうですが、このお話、よーくわかります!

ジャンルこそ違いますが、やもりんは、耳から入ってくる音楽は、全部「ドレミ」で聞こえるんですぅnote

だから、他の人がBGMとして音楽を流していても、自分の耳が勝手にドレミを感じてしまっているので、時として疲れてしまい、家ではほとんど無音の環境で過ごしていることが多いんです…だから中原さんの、このエピソードは非常にうなづけましたhappy01

日々ご活躍の中原さんのお話、BGMを弾かせていただきながら楽しく聞かせていただきましたhappy01

heart01 heart01 heart01

続いては、小学校の支援員をされている「篠原詠子さん」のトークです。

Cimg0360

↑池ちゃんと、ともちゃんが、その都度、ご紹介やフォローをして下さり、スムーズな進行でした。

ただ…やもりんは、BGMを演奏していたので、両手がふさがっているため、ちゃんとした写真が写せなくて…池ちゃん、ともちゃんの美しいツーショットが、ないんですsweat01

池ちゃん、ともちゃん、ごめ~んcoldsweats01ゆるしてぇconfident

そしてトークのみなさんの写真も横顔ばかりです。お許しくださいhappy01

Cimg0361

↑篠原さんは茨城県から嫁いでこられ、姑さんとのかかわりから、本当の自分はいったいなんだろうと、前向きに考えてこられた方です。

家族のために、毎日家事をこなす中で、自分自身を見出すために、仕事をはじめようと、一念発起…現在の小学校の支援員になられたそうですが、仕事の中でも、つまづく度に、どうしたらいいのかをしっかり考え、答えを見つけてきたというお話でした。

やもりんは、行き当たりばったりで、いままでの人生もバタバタと過ごしてきたので、篠原さんのような思慮深いお話は、とても心に響きました。

ひとことづつ、丁寧にお話下さった篠原さん、ありがとうございます。

flair flair flair

最後は、この方…岡山市の「土屋法明さん」です。

Cimg0365

↑土屋さんは、「プリティーウーマン」のオンエアに時々お越しになるので、FMくらしきでもよくお目にかかるのですが、土屋さんの人生は、ドラマ以上にドラマチック…壮絶な人生を歩んでこられた方です。

若いときに、友人の商売の保証人になってしまったことで、手形の返済をしなくてはならなくなり、ご自分の財産すべてを失って子供のミルク代もない毎日…。缶やダンボールを拾いながら、大変なご苦労を重ねてこられたとのこと…。

現在は、シャクリーのお仕事で成功され、人に、健康に、経済に優しい活動をされていらっしゃいます。

苦しいときに、寝る場所がなかった…そんな経験をしたからこそ、現在は、自宅のログハウスを開放して、困っている人が、誰でも自由に出入りできるようにされているそうです。

壮絶なお話…涙なしでは聞けなかったですsweat02

Cimg0364

やもりんは、相棒のキーボード「まさはる」とともに皆さんのお話にあわせて、BGMを弾かせて頂きました。

今日は、会場の皆さんにリクエストも頂いていたのですが、お話の雰囲気もあり、即興のBGMを中心に演奏させていただいたので、全部のリクエストにお応えできなくて申し訳なかったですcoldsweats01会場の皆様、どうかご了承くださいね。

会場いっぱいの皆さんの中には、観光でこられて、ふらりと立ち寄って下さった方もおられたそうです。

池ちゃんと、ともちゃんの会場の皆さんへのインタビューのお話から、それぞれに、色々な思いで、お聞きくださったのが伝わりました。

とても意味のある、充実な時間を過ごさせていただき、感謝ですconfident

flair flair flair

池ちゃん、ともちゃん、ナビゲーター役、お疲れさまでしたhappy01

お話下さった皆さん、ありがとうございましたconfident

そして、やもりんの重たい楽器「まさはる」を運び込むのをお手伝い下さったスタッフの皆さん、ありがとうございましたconfident

会場へ足を運んで下さった、大勢のみなさま…本日は、ありがとうございましたheart02

|

« 若手新進ピアニスト「中桐望」さん…のんちゃん! | トップページ | 楽器の名前… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若手新進ピアニスト「中桐望」さん…のんちゃん! | トップページ | 楽器の名前… »