« 今年も「ふくふくサロン」にお邪魔しました! | トップページ | 9月です! »

2011年8月31日 (水)

ミイラが私を呼んでいる~!

今日は、お昼を挟んで、朗読会の相棒「金盛千裕」ちゃんと、12月の朗読会の打ち合わせをしました。

彼女と会うのは、なんだか久しぶり…。

毎年12月に「夢空間はしまや」さんで、開催している朗読会も今年で5回目を迎えます。

今年は、ちょっと志向を変えて…おっと、これ以上は今は言えませんがcoldsweats01

お越し下さったみなさまに楽しんでいただける内容を、考えています。

12月4日(日)夜の開催です。

詳細は、また近づいたらお知らせしますね。

どうぞ、みなさまお越しくださいませconfident

happy02 happy02 happy02

さて…その後、

大学生の次女と一緒に、

「岡山市立オリエント美術館」に出かけましたrvcar

Cimg0162

↑なかなか出かけられずにいたのですが、もうそろそろタイムリミット…sweat01

Cimg0163

「古代エジプト神秘のミイラ展」開催中です。

本当なら本日までの開催でしたが、開期が少し伸びて、9月4日まで行われています。

やもりん、「ミイラ」と聞くと、なぜか、血が騒ぎますsweat01

なんか…好き…なんです。ミイラさん…heart04

何千年も前の人間が、息づき生活していた…

そんな歴史の歯車のひとかけらを感じることが出来るような、ロマンを感じずにいられませんhappy01

以前、ここの美術館さんには、番組で電話繋ぎをさせていただいたのですが、その後、担当の方から、入場券をプレゼントしていただいておりまして…heart04

絶対に、見逃したくない展覧会でしたが、やっとうかがうことが出来ましたよ~heart02

Cimg0173

会場の中の様子は、写真で写す事はできませんので、皆様には想像していただくだけですが…coldsweats01

「オランダ国立古代博物館」所蔵のコレクション…

ヒエログリフの解読者シャンポリオンのノートや、古代の装飾品、ミイラを作るときの道具、内臓を入れておく壺…

あ~sweat01いにしえのロマンですぅheart04

ちなみに、ミイラを作るには、40日ほどかかったらしく、鼻の穴から「脳みそ」を掻き出し、左わき腹を切り開いて、内臓を取り出していたそうです…ギャーbearingリアルぅsweat01

心臓は、元の場所に戻されたそうで、そのときに復活の象徴とされている「スカラベ」をかたどった護符を心臓の場所に置くのだそうです。

この「スカラベ」とは、なんと…昆虫の「ふんころがし」のことなのだそうです。

映画「ハムナプトラ」でも、たーくさん、ウジャーっと出てくるゴキブリのような虫がいますが、まさにあのような形ですcoldsweats01

「ふんころがし」は、ナイル川の氾濫の後、水が引くと最初に現れる昆虫で、動物の糞を転がして、まるめた中に卵を産みつけ繁殖していくことから、古代エジプトでは、「復活の象徴」として、崇拝されていたそうです。

目からウロコな話でした…eyesweat02

ミイラの棺も、とても鮮やかで、中に描かれている絵にも、それぞれ意味があり、死んでもなお大切にされていたことが伺えました。

crown crown crown

肝心のミイラさん、ちゃんと布で包まれた状態でしたが、X線写真も添えられており、綺麗な骨格が残っているのもわかりました。

忙しい日常から、古代の時代にタイムスリップしたようなひととき…

ちょっとわくわくドキドキの、素敵な時間でした。

crown crown crown

何ともいえず、やもりんがウケたのは…

ミイラさんのガラスケースに、こんな看板が…

「PREASE DON’T DISTURB」

ほら…よくホテルのドアノブにかけてあるあれですsweat01

「おこさないでください」

これ…主催者の方のユーモアたっぷりのアイディアなんでしょうね…flair

とっても素敵だなあと思いましたよ~happy01

素晴らしいミイラ展…大満足でしたheart04

Cimg0167

倉敷に帰ってきた頃には、もう夕方…

空が、茜いろで、とても綺麗でしたhappy01

8月も、おしまいです。

|

« 今年も「ふくふくサロン」にお邪魔しました! | トップページ | 9月です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も「ふくふくサロン」にお邪魔しました! | トップページ | 9月です! »