« わくわくフライデーNO.254 | トップページ | 我が家の悲しい出来事 »

2011年3月12日 (土)

東北地方太平洋沖地震…やもりん親子は奈良でした。

昨日、「わくわくフライデー」の生放送終了後、やもりんは、次女と一緒に、奈良県へ向かっていました。

家を出たのは、午後2時30分。

倉敷駅で、新幹線の切符を買い求めたときには、何事もなく、普通に切符を買えました。

そのあと16:03発の新幹線に乗るため、岡山駅へ到着したところ、新幹線の遅れが発生しており、乗車予定の新幹線より数本前の新幹線が30分以上遅れているとのこと。

まだ何も、事態を把握していなかったので、「時間はあるからゆっくり待とう」とのんびり構えていたところ、駅の放送で、地震があったので、新幹線が遅れているのと、大阪~東京間は、新幹線が止まっているとのことでした。

駅員さんに尋ねると、来ている列車に乗ったほうが確実です!と言われ、急遽、ホームに入ってきた「こだま号」に乗りました。

奈良への目的は、次女の受験のためで、京都経由で奈良に向かう予定だったのですが、大阪までしか新幹線が使えないので、ルートを変更して、大阪から奈良へ向かうことに…

途中、携帯のニュースや、ワンセグで見るニュースでは、地震のみならず、火災が起こっている映像もあり、なんだか大変なことが起こったんだと自覚。

新幹線がストップしている大阪駅では、ものすごい人でごった返しており、駅員さんも総動員。

まさにパニック状態でした。

精算所の周りは、精算する人の列が、最後尾が果てしなく先まで続いており、階段で座りこんでいる人や、ニュースを報道している大型テレビの前にもたくさんの人で混雑していました。

やもりん親子は、環状線に乗って、奈良へなんとかたどり着くことが出来ました。

ホテルで、テレビをつけると…眼を疑うような光景が流れており、

津波で、町が流されている様子も…

言葉もありません…。

でも、親として一番先に思ったのは、娘についてきて良かった…と言うことでした。

2度目の奈良だし、場所もわかったから、ひとりで大丈夫…と、娘は、言っていたのですが、春からの大学生生活の住まいとして京都のアパートの契約のこともあるし、何かと一緒に行っておいたほうがいいからと、やもりんも同行したのでした。

まだ、右も左もわからない状態で、ひとりだったら、こんなとき不安でたまらなかっただろうと思うと、まずは一緒にいてあげられて良かったです。

bullettrain bullettrain bullettrain

一方、昨日横浜に戻ったばかりの長女…すぐにメールも電話もつながりました。

電車に乗っていて、かなり揺れてとても怖かったそうです。

昨日は、電車が止まってしまい、帰れなかったので、友達のうちに泊まったとか…。

でも無事でよかった。

時間を追うごとに、被災地の悲惨な現状が報道され、今日は一日気がかりでした。

20110312082207

↑JR奈良駅の空は、こんなに青いのに…

Cimg8257

↑向こうに見える若草山もなにも変わらないのに…

Cimg8263

↑あどけない鹿の優しい表情に少し救われた気持ちになりました。

Cimg8272

↑娘を待っている時間、少し歩き、興福寺では、心の底から手を合わせることしかできませんでしたが、被災された皆さんの無事を祈るばかりです。

subway subway subway

午後、娘と合流し、京都へ向かいました。

こんなときに申し訳ないと思いつつ、春から娘が住むことになるアパートを見てまいりました。

ここのアパートには、「花粉対策エアシャワー」という装置がありました。

Cimg8279

銀行のATMボックスくらいの大きさの個室に入り、スイッチを入れると、凄い勢いで風が出てきて、花粉を吹き飛ばしてくれる装置です。

とりあえず、やもりんは体験してみました。

すご~い風が出てきて、髪の毛もぐちゃぐちゃになるかと思いましたよ~。

さすが、都会にはこんな設備があるんだわぁと感心…

やもりんが「エアシャワー」を体験しているようすを撮影して下ったのは、アパートまで案内してくださった、石川遼くんに似たスタッフのお兄さんです。

爽やかなスタッフの方の親切な対応でしたので、これからの娘の京都の生活も安心です。

有難うございましたheart02

bullettrain bullettrain bullettrain

心配していた帰りの新幹線は、予定通り運行されて、無事に帰って来ることができました。

被災地の被害にあわれた皆さんには、ほんとうにお見舞い申し上げます。

今、やもりんには何が出来るでしょうか…

まずは、情報をしっかり把握したいと思います。

|

« わくわくフライデーNO.254 | トップページ | 我が家の悲しい出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わくわくフライデーNO.254 | トップページ | 我が家の悲しい出来事 »