« あらたな週の始まりです! | トップページ | 二村さんからのメール »

2010年6月22日 (火)

お父さんへのメッセージ…

やもりんのピアノの生徒さんのなかに、小学校5年生の男の子がいます。

彼のお父さんは、昨年の5月に、会社の帰りに交通事故にあい、自転車に乗っていた相手の方は即死、バイクだった彼のお父さんは、一命を取りとめたものの、その日から意識不明で、1年以上経った今も、病院で意識が戻らないままの日々を過ごされています。

やもりんは、事故の知らせを聞いてもどうしてあげることもできず、ただただ、お父さんの回復を祈るしかありませんでした。

もちろんその日から、彼はレッスンをお休みされて、お母さんとも何度かメールでやり取りしましたが、かけてあげる言葉もなく、つらい日々を過ごされているのだろうと思いながら日が経っていきました。

その事故から8ヶ月ほど経ったある日、お母さんからお電話があり、レッスンを再開したいとの事…。

どんな顔して会えばいいんだろうと思っていたのですが、逆にお母さんのほうから「子供たち3人も、私も、いろんな事が吹っ切れて、この生活に慣れてきました。だから先生、何も気を遣われず、普通にしてくださいね…」と言っていただきました。

きっと私が想像する以上に、いろんな葛藤や、不安や、やり場のない気持ちとの戦いの日々だったと思います。

でも、一番上のお兄ちゃんも、この春、高校生になり、自分の進路もちゃんと考えているようですし、中学生のお兄ちゃんも、お母さんのお手伝いも進んでしているそうです。

ピアノに来ている5年生の彼は、テニスでも全国大会に出るほどの腕前で、その練習もちゃんと頑張っているそうです。

お父さんも頑張っているんだから…という思いが、それぞれの家族を強くしたのでしょう…。

heart02 heart02 heart02

以前、彼が練習したピアノの曲とお父さんへのコメントを、レッスンのときに、録音してCDに焼きお渡ししたところ、病院でお父さんの枕元で何度も聞かせてあげたそうで、そのCDがかかっていると、とても安心したお顔をされていると伺いました。

それで…

昨日は、新しい曲の演奏と、高校生のお兄ちゃんにも来てもらって、お父さんへのメッセージを吹き込みました。

Cimg5049

「お父さんいつも頑張ってくれて、ありがとう!」

「早く家にかえってきてね…」

「みんなお母さんの手伝いをしてがんばってるよ~」

と、二人がお父さんに呼びかけているメッセージを聞いていて、涙が出そうでしたsweat01

こんな、いい子たちがいるから、お父さんも必死できっと頑張っているんでしょう…。

また、彼らも、お母さんも、お父さんが生きていてくれることが、心の支えになっているんだなあと、命の大切さ、絆の深さを感じました。

人間は、意識はなくても、耳はちゃんと聞こえているそうですが、せめて、このCDの息子たちの声を聞いて、お父さんも少しでも癒されてくれたら…と、そしてできることならば、意識が戻り、成長した子供たちと、言葉を交わしてくださる日が来ることを願わずにはいられません。

定期的に、こんなことでよければ、息子たちの声をCDにして差し上げたいと思っています。

|

« あらたな週の始まりです! | トップページ | 二村さんからのメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あらたな週の始まりです! | トップページ | 二村さんからのメール »