« 益田2日め… | トップページ | 授業見学 »

2009年10月12日 (月)

屋根の銅板0.3ミリ!

Cimg2961早島町にある「鶴崎神社」

3年をかけて、社殿の新築工事が行われ、今週末に竣工記念行事が行われます。

鶴崎神社といえば、年末にはジャンボ折り紙で作った干支が、毎年お目見えすることで有名ですが、やもりんも何度か取材でお邪魔しています。

今日は、新社殿完成の話題で、宮司にインタビューさせていただきました。
今週のわくわくフライデーでオンエアさせていただく予定です。

Cimg2959

ここには、鶴崎神社の神様と、八幡神社の神様を一緒に祀ってあるので、入り口がふたつある「双殿造り」になっていて、この建て方は、大変珍しいそうです。

新しい檜の香りが心地よい、社殿の屋根は銅板葺きで、1枚の厚さは0.3ミリ…丁寧に一枚づつ折り曲げてつくられているそうです。

宮大工の棟梁のお話では、周りの環境や自然となじむように、とにかく美しくなければいけないし、50年後、100年後を見据えて耐久性も重視しながら、丁寧に建築しているんですよ…とのことでした。

Cimg2958

17日の竣工奉祝祭に向けて、今日は注連縄(しめなわ)つくりが行われ、氏子の方々が、朝から作業をされていました。

新しい社殿で、あわせて秋祭りも行われます。
楽しみですね…。

やもりんは、奉祝奉納行事の進行役で、当日はお伺いすることになっています。

今から楽しみだなあ…happy01

|

« 益田2日め… | トップページ | 授業見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 益田2日め… | トップページ | 授業見学 »