« 香川…「うどん」と「おはなし会」 | トップページ | たのしみ~! »

2009年8月23日 (日)

喜之助フェスティバル

Cimg2507人形劇の祭典「喜之助フェスティバル」

先日のブログでも書きましたが、やもりんもBGMでお手伝いさせていただいているので、とっても楽しみにしていました。

毎年同じ時期に開催されるのですが、今年は若干、涼しいような感じ…。いつもなら駐車場から会場までの間に、もっと汗をかくのになあと思いながら、会場に到着しました。Cimg2496

会場の「瀬戸内市中央公民館」のロビーでは、「フジタニ画伯の似顔絵コーナー」というのが行われていて、操り人形の絵描きさんが、モデルの女の子の似顔絵を描いていくという珍しいものでした。

お人形も愛嬌っぷりで、似顔絵もちゃんと出来上がっていきます…すごい!

dog dog dog

Cimg2497

まず、最初に見せていただいたのは、「つきみ草」の「ろくべえまってろよ」というおはなしです。

灰谷健次郎作のこのおはなしは、ろくべえというワンちゃんが、穴の中に落ちてしまい、それを助けるために子供たちが、いろいろと手を尽くすというストーリーです。

Cimg2500

お人形も細かく作られていますし、糸操りも、小さな動きまでうまく表現されていました。

やもりんのBGMもうまく取り入れていただき、なんだかとってもうれしかったです。

fish fish fish

Cimg2503

つづいて、「ちょう・かえる一座」の「うしかたとやまんば」を、みせていただきました。

こちらも、お人形は、メンバーの皆さんの手作りです。

毎回本当に素晴らしいステージを見せていただいていますが、ストーリーも温かい内容です。

恐ろしいやまんばは、本当は心の優しいさみしがり屋さん…。

最後には働き者になって、村のみんなと仲良く暮らすといったストーりーです。

Cimg2506

もう1作、短編の「鬼が島はゴミの島!」という作品があり、こちらは環境問題をテーマにしたものでしたが、説得力のあるものでしたよ~。

やもりんは、BGMを作る段階では、孤独の作業ですが、こうして人形の動きと台詞と一緒にBGMが流れているのを聞いて、やっと実感がわいてきます。

お手伝いさせて頂いたことはわずかですが、少しでもお役に立てたと思うと、それもうれしくて、楽しく作品を鑑賞させていただきました。

この喜之助フェスがこれからも長く続くことを願いながら、満足な気持ちで会場を後にしました。

関係者のみなさん、本当にお疲れさまでした。

|

« 香川…「うどん」と「おはなし会」 | トップページ | たのしみ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香川…「うどん」と「おはなし会」 | トップページ | たのしみ~! »