« シティボーイズのステージと命名王子さまとの出会い | トップページ | 今日もわくわくな一日でした »

2009年5月21日 (木)

取材と、リチャード・クレイダーマンのコンサートと、お仕事の一日

Thumb_tzaxcuqvkn1urhm7午前中は取材です。

リショウが、年に2回発行する「くらしキッズ」という、子育て応援フリーペーパーに、毎回やもりんも記事を書かせていただいているのですが、今回は、「食育」コーナー担当になりました。

実は今回、6月上旬の発行で、原稿の締め切りは過ぎてしまったのですが、どうしても取材先の都合で、締め切りを過ぎてからの取材となりました。1693_2

お伺いしたのは、「天城幼稚園」です。

園児たちが、野菜の苗を育てることで、思いやりを感じ、命をいただくのだということも学び、さらに地域のみなさんとの交流など、食育につながることがたくさんあるのだということを、園長先生のお話から感じました。

詳しくは、このフリーペーパーの記事の中で書きますね。

cherry cherry cherry

午後からは、明日の番組の準備…。今日は、次の予定もあるので、ゆっくりだらだらしていられません。

さて夕方になって、やもりんが出かけたのは…

Cimg1712「リチャード・クレイダーマン」のコンサートです。

岡山シンフォニーホールには、毎年来日されているクレイダーマンさんです。

お友達に誘っていただき、出かけたのですが、とってもいいコンサートでした。

昔から、「貴公子」という印象の彼ですが、すでに55歳になっており、デビューから30年以上の間に、世界でもっともアルバムが売れたピアニストとしてギネスブックにも載っているのだそうです。

地球を70周し、世界各国で1800回以上のコンサートを行っているということ…すごい方なんだと改めて感じました。

プライベートでも二人のお子さんたちも結婚されて、今はワンちゃんとの生活を楽しんでいる様子も、映像で流れていました。

やはり、長年にわたり、音楽活動をされてきたクレイダーマンさんの、ひととなりや、優しさや、情熱が、奏でる曲に感じられて、「貴公子」というイメージよりも、ワイルドでパワフルな熱いものが伝わってきたコンサートでした。

本当に生で聴けてよかったです。誘ってくれたお友達に感謝shine

note note note

テンションが高い状態のまま、コンサートの後は、岡山のお店で演奏のお仕事でした。

知り合いのお客さんがこられて、楽しいひと時でしたよ…

長い一日でしたが、充実の一日でしたhappy01

|

« シティボーイズのステージと命名王子さまとの出会い | トップページ | 今日もわくわくな一日でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シティボーイズのステージと命名王子さまとの出会い | トップページ | 今日もわくわくな一日でした »