« 感動の絵手紙展 と 父の看板 | トップページ | 贅沢いちごデー »

2009年3月30日 (月)

ホッとする場所…倉敷養護学校

Cimg13056年前、ご縁があって「生活支援員」として1年、続いて「介助員」として1年のお勤めをさせていただいたのが、この倉敷養護学校です。

やもりんにとっての、ここでの2年間の生活は、今まで経験したことのない、良い意味での衝撃の毎日でもあり、貴重な素晴らしい経験の出来た日々でした。

それまで仕事は、音楽一色だったやもりんですが、子供たちと一緒に過ごす日々の中で、畑仕事をしたり、作業をしたり、工作をしたり…人間としての大切なものをあらためて見つめなおす日々だったように思います。

2年間の勤務の後、辞めてから、本格的に取り組んでいるFMくらしきの仕事も、人と関わる上で、養護学校で培ったことがが大いに役立っていると思っています。

数年たった今、この移動の時期、当時クラス担任でお世話になった先生や、同僚だった先生、大好きだった先生方が、転勤や退職されるという情報を得て、今日は、皆さんに会いに行ってきました。

だんだんと、当時ご一緒した先生が転勤していかれるので、学校に遊びに行ってもお話しする先生が少なくなり、なんとなく淋しい気分ですcoldsweats01

でも、やっぱり養護学校の先生たちは、皆さん笑顔で迎えてくださり、ホッとするひとときでした。

保健室のお二人の先生も、相変わらずお元気そうで、4年前にやもりんが作った「アクリルたわし」を、毛玉がいっぱいになりながら、まだ大切に使ってくださっているのには、感動しましたconfident次に伺うときには、新しい「アクリルたわし」を編んでいきますからね~。退職のK先生、長い間お疲れ様でした。

Cimg1306

転勤されるT先生から、こんなに可愛いうさぎさんを頂きました。とっても小さいんですよ…一円玉の上に載せて、写してみました。大切にしますねheart04

いつもやもりんのCDを聞いてくださっているということです…うれしいですね。

中学部で、同じクラスの担任だった、I先生とT先生にもお会いできて本当に嬉しかったです。やもりんは、たくさんのことを勉強させていただきましたし、同年代ということで楽しい仲間でもありました。

若手のH先生も、岡山の養護学校へ転勤ということで、淋しくなります。やもりんが勤務していた頃には、車椅子の生徒をバスに乗せたり、力仕事も一手に引き受けてくださって、色々助けて頂きましたね。

T教頭先生も長年お疲れ様でした…confident

皆さん、それぞれの新しい職場でも、お身体に気をつけてご活躍くださいね。

今日は、そのほかにも懐かしい先生方にお会いできて本当にパワーを頂きました。「倉養は、本当にやもりんにとって安らげる場所でした…。

|

« 感動の絵手紙展 と 父の看板 | トップページ | 贅沢いちごデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感動の絵手紙展 と 父の看板 | トップページ | 贅沢いちごデー »