« 1週間ぶりの益田 | トップページ | 薄田泣菫 詩朗読会 »

2008年11月 2日 (日)

幸せのテーマカラー

Cimg0593

最初に、会場の扉を開けた時、目に飛び込んでくるお花たち…。

毎回披露宴では、癒されるお花です。

今日もブルーのテーブルクロスに映えるシックな色合いのテーブル装花。プロの技ですね…。

Cimg0597_3今回は、「ボンヌ・ママン・ノブ」の会場いっぱいのゲストが入られるというだけあって、シェフもスタッフも気合十分です。

シェフのお料理の仕込みも、前日からテキパキとされていました。

準備も整い、後はゲストを待つばかりの状態です。

Cimg0604_2

挙式は、キリスト教式で、牧師さんが来られて、厳かに行われました。

やもりんは、ここではオルガンを弾く係で、お二人を祝福しました。聖歌隊も3人揃い素敵な歌声でしたよ!(その中の一人はNOBUのスタッフのイナちゃんです)

式の中で、牧師さんのお説教があり、結婚を音楽にたとえて、旋律が、ひとつではなく二つになれば、ハーモニーになるんだという、本当に心にしみる有難いお話で、やもりんは感動しました。

今日のお二人は、高校時代から15年の交際を経てゴールインということで、その間にはいろいろあったのでしょう…新婦の弥生さんは感動で、涙ぐんでいらしたのが印象的でした。

Cimg0599

乾杯用に並んでいたのは、新婦が趣味で作られている焼き物のグラス。ゲストの皆さんそれぞれの、お顔を思い浮かべながら製作したとのことです。

ひとつづつ形が違っていて、とっても素敵です。会場の皆さんもにこやかに乾杯をされました!

Cimg0605

友人のスピーチや、歌のプレゼント、楽しい内容が盛りだくさんの披露宴でした。

どうしても出席できなかったという、新郎の上司のビデオによるお祝いのメッセージもあり、この上司は、このビデオメッセージのために、正装・蝶ネクタイで、おふたりにお祝いの横断幕まで用意されて、温かいメッセージを贈って下さいました。

Cimg0594

お色直しでは、スモークブルーのドレスに身を包み、新婦の弥生さん登場です。

今回は、新郎・太三郎さんの好きな色ということで、テーマカラーは、ブルーでした。

偶然にも、新郎の勤務する「ジブラルタ生命」の会社のカラーもブルー…NOBUのテーブルクロスもブルー…とってもお二人にぴったりの色でした。

新婦が手に持っているブーケは、友人が心を込めて作ってくれたものだそうです。

本当に皆さんから祝福を受けて、幸せですねheart04

Cimg0607

NOBUの、チャペルの鐘を鳴らして、ゲストの皆さんと一緒に、白とブルーのバルーンを、空に放つシーンもあり、空高く幸せのバルーンが飛んで行きました。

Cimg0608 お二人の高校時代の恩師が、仲人を勤められ、会場はまるで、同窓会のような雰囲気になりました。ご挨拶の中で「人生はロングドライブ」という名言を残されました!cardashdash

余興の最後は、10人の皆さんで「万歳30唱」をして締めくくりました。

お二人…末長くお幸せに!

bar bar bar

さて、やもりんは、温かい「ボンヌ・ママン・ノブ」に別れを告げて帰途につきました。たくさんの出会いと、感動をいただきましたが、しばらくお別れですcrying

今度はいつお邪魔できるかなあ…confident

本当に色々有難うございましたhappy01

rvcar rvcar rvcar

益田から浜田自動車道まで向かう道。

高速道路にのるまでに、ガソリンを入れておきたいと思いながら、走っていきました。

いつもやもりんは、出光のガソリンスタンドを利用しています。専用のカードが、全国どこでも使えるので、簡単で便利だから…という理由からです。

先週帰りにも立ち寄った、あるガソリンスタンドで、やもりんの車が岡山ナンバーだったからでしょう…お店の方が「これから岡山までお帰りですか?」と、声をかけてくださいました。

話しをしているうちに、その方の親戚が、倉敷市真備町におられるとのこと…。あ~世の中は狭いのねえ~と思ってしまいました。島根県の出光スタンドは、けっこうあちこちあるのですが、なぜか2週続けて、そこへ立ち寄ったこともご縁かなあ…と、嬉しい気持ちになりましたheart04

|

« 1週間ぶりの益田 | トップページ | 薄田泣菫 詩朗読会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1週間ぶりの益田 | トップページ | 薄田泣菫 詩朗読会 »