« 幸せのテーマカラー | トップページ | 「モヌッカ」のコンフィチュールざます! »

2008年11月 3日 (月)

薄田泣菫 詩朗読会

Cimg0610 以前のブログでもご紹介しましたが、今日は、倉敷市立連島東小学校で、「薄田泣菫詩朗読会」が行われました。

泣菫さんは、連島(つらじま)出身で、明治時代の詩人随筆家として活躍した方で、芥川龍之介らとも関わりがあったという資料が発見されたことで、大変話題になった方です。

数年前から、薄田泣菫顕彰会の皆さんが中心となって、泣菫さんの作品を朗読する会を開催してます。

今年は5回目ということですが、やもりんは、昨年も朗読のお手伝いをさせていただき、今年も伺いました。

地元の連島東小学校・連島神亀小学校・旭丘小学校・連島西浦小学校の4つの小学校と連島中学校の児童生徒さんたちが、泣菫の詩作品を朗読します。Cimg0617

約45名の児童生徒さんたちの参加で、24作品の詩が朗読され、リズミカルで、元気の良い爽やかな朗読を楽しませていただきました。

作品のいくつかは、お琴の演奏とあわせておこなわれ、とても風情のある朗読でした。

お琴を演奏された狩野美智子さんと長尾真由美さんは、泣菫さんの詩のイメージに合わせた曲を作曲されていて、今後もその活動を続けられるということでした。

やもりんは、最後に随筆「芭蕉翁の溜息」と茶話「蝮(まむし)の失敗」という作品を自作のBGMとあわせて朗読させていただきました。

まだまだ、勉強不足のやもりん…子供たちに恥ずかしくないように頑張らなくては!と、色々反省もあった一日でした。

それにしても連島東小学校は新校舎に移転してから、まだ間もない(たしか4年目くらいでしょうか?)ということもあって、本当に最新の設備が整っており、会場となっていたのは音楽室でしたが、開放的なスペースで、とても心地よかったです。

会の司会進行役は、ちひろちゃんでした。ちひろちゃんのブログでも様子をさらに詳しくご覧になれますよ!

関係者の皆さん、本当にお疲れ様でしたconfident

|

« 幸せのテーマカラー | トップページ | 「モヌッカ」のコンフィチュールざます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せのテーマカラー | トップページ | 「モヌッカ」のコンフィチュールざます! »