« 葡萄…ぶどう…ブドウパワー! | トップページ | この残暑は何ザンショ… »

2008年9月 9日 (火)

瀬戸内寂聴展

Cimg0135天満屋岡山店 葦川(いせん)会館で行われている

「瀬戸内寂聴展」に行って来ました。

寂聴さんの作家生活50周年と、源氏物語千年紀記念で行われているものです。

会場では、寂聴さんの大切にされている美術品や、交流のある著名人の方々の書簡、直筆原稿や、得度式のときに着られていた色留袖、寂聴さんご自身の手作りの土仏や木彫りの仏様など、寂聴さんの世界を堪能できる品々がいっぱいでした。Cimg0134

会場内で唯一、写真をとってもいいスペースが、この寂聴さんの執筆机でした。

これまでに数え切れない程の本を書いてこられた寂聴さんの、壮絶な人生も紹介されていて、見ていて背筋が伸びるような気持ちになりました。

Cimg0138 寂聴さんは、現在85歳。本当にお元気でいらっしゃいます。

今年は源氏物語が作られてから千年目だということで、「千年の愛の物語」を現代語訳するのが夢だったということですが、その偉業も成し遂げられています。

やもりんは、今までさほど瀬戸内寂聴さんを意識してみたことはなかったのですが、出家して仏の道を究めながらも、執筆を続けてこられた情熱に感動でした。

それにしても、平日だったせいもあるのか、周りは皆さん女性…しかもオバサマばかり。

オバサマの会話を盗み聞きすると(というか、大きな声で話されているので自然に耳に入ってくるのです)とっても楽しいです。

「アンタ…いまなあ、天満屋のカード見せたら、割引で入れたんよー」「ありゃー私やこ(わたしなんか)シルバーカード見せたら割引してくれたでえ」「シルバーカードもって歩きよん?」「アンタ知らんのかなあ…シルバーカードはなあ、ホテルもなあ、3割引してくれるんでえ」「ほんまあ!」「かさばるもんでもないけんなあ(かさばるものでもないから)持って歩きよらにゃあ(持っておかないと)損するでえ」

ひといき、入り口付近で話した後、生けてあるお花を見つけ、あーでもないこーでもないと、しばらく論議。

作品を見ながらも、それぞれに感想をおっしゃる…。

そのひとつひとつが可笑しくて、一緒に行っていた夫と顔を見合わせては、プッと笑ってしまいました。

いろんな意味で楽しめた「瀬戸内寂聴展」でした。15日まで行われています。

|

« 葡萄…ぶどう…ブドウパワー! | トップページ | この残暑は何ザンショ… »

コメント

 またまた(^O^)v
寂聴さん 書き物と…あまり分からないのですが 素晴らしい方なのかな(^_^;) でも素晴らしい言葉? 詞? 生きることは 愛すること 感動しまた同感しました(^O^)
それから おば様達の会話 全開岡山弁 楽しいですね(^O^) 他見の人がいたら どこか恥ずかしい(#^.^#)のですが 僕も全開岡山弁でしゃべるのですが やっぱり岡山弁最高なんて思っちゃいますねf^_^; やもりんさんも楽しいひと時過ごせたみたいですね(^O^) たまには 違う息抜きいいものですね(^O^)g

投稿: りゅうちゃん | 2008年9月12日 (金) 00時31分

りゅうちゃん、色々とコメントいただき有難うございます。

方言というのは、温かいですよね。岡山弁はかなりきついですが、それでもやはり聞くとホッとします。岡山弁万歳!です。

りゅうちゃんも、お仕事忙しそうですが、息抜きも大切ですよ…。身体に気をつけて下さいね。

投稿: やもりん | 2008年9月12日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葡萄…ぶどう…ブドウパワー! | トップページ | この残暑は何ザンショ… »