« 納涼パーティーでの演奏 | トップページ | ふうっ… »

2008年8月 3日 (日)

うれしい一日でした。

Photo_68月1日のブログでもご紹介したとおり、今日は、倉敷市民会館2階大会議室において、童話作家「村山早紀先生」の講演会がありました。

やもりんは、(後ほど詳しく書きますが)先生の講演の前に朗読される「くらしきどうわ」の作品のBGMを弾かせていただいたので、講演会も聞かせていただきました。

村山先生は、長崎県生まれで、現在も長崎在住の、やもりんとほぼ同世代の方です。

「シェーラひめのぼうけん」シリーズや「風の丘ルルー」シリーズなど、たくさんの児童向け文学作品を書かれており、小、中学校の図書室や、各地の図書館では大人気の作家さんです。

お父様のお仕事の関係で、転勤が多く、なかなか、お友達をうまく作れなかった少女時代に、学校の図書室で、物語の続きを読むのが楽しみで、学校へ通っていたというお話しや、ご自分が、原爆の落ちた都市でもある、長崎市内にお住まいであることから、生命の尊さや大切さを自分なりに伝えたいと思って、執筆しているということ、さらに、本の続きが読みたいから明日も頑張ろう!と、子供たちに希望を持ってもらいたくて、児童文学作品を書き続けていることなど、先生の文学に対する真摯な気持ちにも触れられて、とても温かい講演会でした。

↑講演会の後、サイン会もあり、一人ひとりに丁寧にお話しをしながらサインをして下さいました。やもりんも、一緒に行った次女もそれぞれサインを頂きましたよhappy01shine

book book book book

Photo_2さて…今日、やもりんがお手伝いさせていただいたのは、「くらしきどうわを読む会」の小原さんの朗読のBGMです。

この「くらしきどうわ」は、倉敷市民から投稿された作品の中から入賞した作品をまとめているもので、今年は第35集が発行されました。

第30集が発行された頃に、この素晴らしい作品をみんなで読み伝えようということで、結成されたのが「くらしきどうわを読む会」だということでした。

今回は、この第35集の中の優秀賞作品・三宅洋平さん作「鬼のはなし」に即興BGMをつけさせて頂きました。何よりもやもりんが感動したのは、メンバーの皆さんは、作品を何度も何度も読み重ねて、小さなフレーズから、作者が何を表現したいのか…とか、ここはどういう描写なのか…とか、本当によく研究されているということでした。

作品は、とても切ない内容のお話しです。作者の方は、今日は来られていませんでしたが、ただ朗読するだけでなく、ここまで皆さんで何度も読まれているのを知ったら、本当に喜ばれることと思います!

今日の小原さんの朗読はとても素敵でした。やもりんは、ピアノの上に、楽譜ではなく、お話しを広げて、それを見ながら、打ち合わせしておいた部分にメロディーをつけて行きました。あくまでもBGMになるように、お話しの邪魔にならないように、でも情景が伝わるように、心を込めて弾かせて頂きましたよnote

heart01 heart01 heart01

Photo_4もうひとつ…とてもうれしいことがありました。

実は、やもりん…むかしむかしそのむかし…

高校3年生のときにはじめて書いた童話「じいさまとばあさまの柿の木」という作品が、たまたま運よく入賞して、くらしきどうわ第7週に載せていただいているのですが、このやもりんの作品を、「くらしきどうわを読む会」のメンバーのおひとり…岡本さんが、大切に、ご自分の持ちネタ(←こんなふうにいっていいのか?)として、暗記してまで朗読して下さっているとのこと…

うれしいことですね。若いときの未熟な作品で、軽い気持ちで書いたものが入賞してしまったので、次回から軽い気持ちで書けなくなり、やもりんの最初で最後の?お話しなのですが、眠っていた28年も前のこんな作品を気に入ってくださり、読んで下さっているというのは、本当にうれしいご縁です。

いつか岡本さんの朗読で、自分のお話にBGMがつけられたら…こんなうれしいことはないと思います!ぜひ実現に向けてやもりんも頑張らなくては!

flair flair flair

音楽は、時間のオブジェ…過ぎ去った音やメロディは、もう過去の存在になっている。だからこそ、演奏するものと聴いてくださる方が同じ空間に集い、余韻を楽しむことができる。

それに比べて、文字や文章は、何度も何度も納得のいくまで読んだり考えたりできる。時や場所を異にしても同じ喜びを味わえる。

どちらも、人間の生きる力や勇気を、与えたり与えられたり出来る素晴らしいもの…

そんな素晴らしいものに、そしてそれに関わっていらっしゃる皆さんに出会うことが出来て、やもりんは、本当に今日は幸せを感じました。

素敵な講演をしてくださった、村山早紀先生、そして「くらしきどうわを読む会」の皆さん…有難うございました。

それから「アルスくらしき」(倉敷市文化振興財団)のスタッフの皆さんお世話になりました!

先日、番組「わくわくフライデー」にご出演くださってお話しいただいた「アルスくらしき」のヨンさまeyeglass…Tさんは、司会進行役karaokeでした。お疲れ様でしたhappy01

|

« 納涼パーティーでの演奏 | トップページ | ふうっ… »

コメント

素敵なピアノの演奏、ありがとうございました。本当に素晴らしかったです。実際に聞いてみてビックリ!
生演奏だからこそ、あのような感動が得られるのでしょうね。
また、何かおもしろいことやりましょう!今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ヨン | 2008年8月 5日 (火) 12時13分

ヨンさまあ…コメントありがとうございます。
ヨンさまも、司会進行役お疲れさまでした。

色々な催しを企画されている「アルスくらしき」でのお仕事をされているだけに…様々なジャンルに精通していらっしゃるヨンさまですね。尊敬です…confident

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたしますねhappy01

投稿: やもりん | 2008年8月 6日 (水) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納涼パーティーでの演奏 | トップページ | ふうっ… »