« まさっぺさんとお会いしましたあ! | トップページ | 「泥ちゃん音頭」お披露目! »

2008年8月11日 (月)

生命を考えさせられた一日

お盆を前にして、本当に暑い毎日が続きます。

朝早く、2件隣のご主人が亡くなったという連絡が入りました。50代後半、まだ現役でバリバリ働かれている方でしたが、先月末に体の不調を感じ、検査入院をされたところ、末期がんと診断されたそうです。

それからわずか2週間後の訃報…。ご家族の方々も気持ちの整理がつかないうちの出来事だったに違いありません。

最近は、葬儀もホールなどで行うため、ご近所でお手伝いするということは、あまりないのですが、同じ筋のご近所ということで、お昼には、町内の電信柱に通夜と告別式の張り紙をするお手伝いをしました。

やもりんの両親が亡くなった時も、こうしてご近所さんにお世話になったんだと改めて感謝の気持ちがこみ上げてきました。さりげなく、皆さんが助けてくださっていたんですね…。

今日は夕方、ピアノのレッスンの予定でしたが、時間を繰り上げたり、お休みさせていただいたりして、お通夜に参列しようと思っています。

  

Photo_3それから、朝のうちに、下の娘と一緒にお墓参りに行きました。

お寺の境内に墓地があるので、いつも綺麗にしていただいており、掃除をするほどのことがなく、ただお詣りするだけです。有難いことです…。

見上げると、真っ青で気持ちのいい青空が広がっています。

でも…お墓の中の両親は暑いだろうなあ…

  

Photo_4それから、昨日夕方、ツバメの雛が地面に落ちていました

ツバメの親は、成鳥になれそうにない弱い雛を、巣から落とすこともあるので、落ちた雛を容易に拾ってはいけないと聞いたことがありました。

でも、様子を見ていると、親鳥が近くまで心配そうに飛んで来ていたので、これは助けてあげなければ…と思い、手袋をはめて、巣に戻してあげました。

今朝、この子の顔が見られないので、棒つきの手鏡で巣の中を見ると、そこで死んでいました…。このままにしておくと、死体が腐って虫がわき、他の2羽も死んでしまうといけないので、またまたやもりんは、手袋をはめて、他の2羽に触らないように、死がいを取り除き、庭に埋めてあげました。

大自然の中の生命の営みは、人の手ではどうしようもないのだと思い知らされました。この子は、どうしても生きることの出来ない運命だったのですね。親ツバメはちゃんとそれを分かっていたに違いないのに、やもりんは、余計なおせっかいをしてしまいました。

今までも過去に何度も落ちたツバメを保護して、練り餌やミルワーム(いもむし)をあげたけれどみんな死んで行きました。

今日は何故か、命を考える日になりました。一日一日を大切に、自分も命を終えたときに、周りの人が悲しんでくれて、涙を流してくれるような、恥ずかしくない人生を送らなければ…と、感じました。

ひとつ不思議なことは…まさっぺさんと、本当は今日お会いすることになっていたんです…。それが、まさっぺさんは、今日は朝早くに帰るからということで、昨日お会いしました。もしもそのまま、今日会うことになったままだったら…このばたばたで、出て行くことができなかっただろうと思います。

スケジュールの神様がいるみたいです…不思議~

|

« まさっぺさんとお会いしましたあ! | トップページ | 「泥ちゃん音頭」お披露目! »

コメント

やもりんさん、はじめまして。水島図書館のビーズ作り等で何度かお顔を拝見している者です。我が家も毎年ツバメがくるのですが、
落下したツバメも毎回見ます。落下した拍子に死んでいることも多いのですが、今年は落ちても元気に動いているツバメが2羽もいてなんとかしてあげたいと思い、HPなどで調べました。巣と同じ位置にぶら下げた籠から無事巣立ったツバメがいるという文章をみつけ早速実践しました。うちのツバメもちゃんと巣立っていきました。もしまたそのようなことがあれば試してみてくださいね。

投稿: T.F | 2008年8月12日 (火) 09時49分

T.Fさま…
コメントありがとうございます。ビーズつくりのときにお目にかかったのですね。お世話になりました。

そういえば、ツバメをぶら下げた籠に入れて育てているサイト、見たことがあります!
T.Fさんのところもそれで上手くいったのですね。

次回、このようなことがあったら、是非試してみます!
有難うございました。

投稿: やもりん | 2008年8月12日 (火) 12時57分

いろいろと大変だったんですね

私も2年前に大雨の中、小さな猫がボロボロになっていたので拾ってきました。
結局最後まで目があかず3日後に箱の中で死んでいるのを見た時はショックでした。
でもきっとこの子は生きられないと分かっていて、親から離れて死に場所を探していたのかな~、って。
余計なおせっかいをしたのでは…と反省に後悔
本当に人の手ではどうする事の出来ない事が多々ありますよね。
でもやもりんさんの言うように一日一日を大切に生きるという事を学ばせてくれますね。

(あっ、スケジュールの神様に感謝しなきゃ)

投稿: まさっぺ | 2008年8月12日 (火) 16時04分

まさっぺさん。コメントありがとうございます。

小さな生き物もちゃんと一生懸命生きてるんですよね…。

やっぱり、目の前に死にそうになっている動物がいたら、放っておけないのが人情というもの…。

なのに、ゴキブリとか花についている毛虫などは、憎しみを込めて潰してしまうんですよね…。本当に、人間って勝手だなあと思うことがあります。


それから先日は、お会いできて嬉しかったです。ブログでもご紹介いただき有難うございました。

投稿: やもりん | 2008年8月12日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさっぺさんとお会いしましたあ! | トップページ | 「泥ちゃん音頭」お披露目! »