« 頑張れVITS君! | トップページ | やっと… »

2008年8月 7日 (木)

下竹荘保育園…楽しいひととき!

Photo_9今日は、やもりんがとっても楽しみにしていた、吉備 中央町「下竹荘(しもたけのしょう)保育園」へ伺う日です!

「岡山県のへそ」と呼ばれる、吉備 中央町は、その名のとおり岡山県の真ん中に位置しています。

倉敷から高速道路を使って約1時間なのですが、倉敷とは打って変わって、心地よい暑さ!!夏ですから確かに「暑い」のですが、さすがに緑の中にあるだけあって、風が心地よくて、満喫できる暑さなのです。

その心地よい暑さを満喫しながら到着した「下竹荘保育園」は園児が30数名の保育園です。ご縁あって、吉備 中央町の保育園にはあちこち行かせて頂きましたが、ここにお邪魔するのは初めてです。

Photo_8 今日は、参観日ということでお母さん方も参加の「音楽あそび」の会をさせていただきました。

やもりんがピアノを弾いた時に、ものすごく静かに聴いてくださって、とても嬉しかったです。その後は、楽しい楽器…ブームワッカーというプラスチックの棒の楽器や、トーンチャイムという、振ると綺麗な音がでる楽器…を使って合奏したり、手遊びや、みんなでゲームをしたりして、1時間30分があっという間に過ぎました。

若いお母さん方でしたが、子供たちと一緒に参加してくださったのもとても嬉しいし、なんと言っても子供たちが、目をきらきらさせながら、楽器にふれてくれたのが、嬉しかったです。

最後にやもりんのオリジナル曲「やもりのチー太」をみんなで歌いました

本当にやもりん自身も癒されたひとときでした…。園長先生、主任の先生はじめ先生方にも色々とご協力いただきました。本当に有難うございました。

heart01 heart01 heart01

ところでなぜやもりんが、吉備中央町にご縁があるのか…お話しますね。

出会いは平成13年にさかのぼります。この年は、やもりんにとって今までの人生の中で最も忘れることのできない年となりました。

母が、悪性リンパ腫という、思いもよらぬ病気になり、闘病の日々が続きました。6月に大学病院に入院してから約半年間、私も病院に泊まりこむ生活が続き、父と共に母を、励ましあいながら、過ごしました。

そんな日々を温かく支えてくださったのは看護師さんたちでしたが、実は、その中のお一人が吉備中央町「とよの保育園」の当時の園長先生のお嬢さんだったのです。

お母様が保育園の園長先生をされていると知った母が、彼女に私の作った「やもりのチー太」のCDを差し上げたところ、ちゃんと聴いてくださって、その後、とよの保育園の園歌を作らせて頂くことになったのです。

とても母は喜んでくれました。病気が治って暖かくなったら、とよの保育園を見に行こうね・・と約束したまま、結局その約束は果たされませんでした。11月の終わりに母は、天国へ旅立ってゆきました。

次の年が明けてから
とよの保育園を訪ねました。自然の中でなんとのびのびとしたところなんだろうと感動しました。子供たちも明るくて、生き生きしています。先生方もとっても温かい方ばかりで、嬉しくなりました。 

うちに帰ると、すぐにメロディーが浮かんできて、園歌が出来上がったわけです。その後、とよの保育園にはお誕生会のたびに呼んで頂き、毎月園児たちと楽しく過ごさせてもらいました。その当時の子供たちもだいぶ大きくなっているだろうなあ…

園長先生はその後、別の保育園に転勤されていますが、今度はそちらの園にも呼んで頂いたり、さらにあちこちの保育園をご紹介くださって、町内の保育園には毎年お邪魔させていただいています。

というご縁で、母が一役買ってくれた?ということもあり、吉備中央町は、やもりんにとって特別の場所です。

でも…そこで出会う人、全てが、とても温かくて、大好きになれる、ホッとする町です。そういう場所が持てたことは、幸せなことだと思っています。

heart04 heart04 heart04

すっかり癒されていい気分になっているやもりんでしたが、今日は、中継の日!

午後1時までには、倉敷に戻らなければいけません。もう少しゆっくりしたいなあと思いながら、帰ってきました。

インターをおりたとたん、倉敷の暑いこと暑いこと…wobbly

今日の中継先karaokeは水島神田のカフェ&ギャラリー「竹」です。

感じのいいマスターがいつもにこやかに迎えてくださる…ここも、やもりんにとって癒しの場所…今年1月には娘と一緒にライブをさせていただいた場所です。

今日は、ここで行われている写真展についての中継でした。ムツゴロウの写真があったのですが、ムツゴロウって写真でよくみるとからだじゅうが、水玉模様で、しかもハートheart01の形のおめめeyeなんですよ!すごーく可愛いんです。

地元のひとたちは、これを蒲焼で食べるんだとか…ホント?

しかもシオマネキもすり身にしてお茶漬けにするんだとか…うわあ!

という裏話も聞くことができました。中継の内容は「FMくらしき:おでかけラジオ」でご覧くださいね。

cherry cherry cherry

その後、あすの「わくわくフライデー」の準備をして、夜は岡山市のお店に演奏に行きました。ここのお店では、やもりんはもちろん自分で演奏、弾き語りもしますが、お客さんが歌いたい曲をカラオケの代わりにピアノ伴奏で歌っていただいたりしています。

今日は、始めてこられたお客さんが、とても生伴奏を気に入ってくださったようでしたkaraokenote

家に帰り着いたのは深夜night

やもりんの一日…ご報告でした。

|

« 頑張れVITS君! | トップページ | やっと… »

コメント

実は私の義姉(洋子のすぐ下の妹)も一時吉備高原で仕事をしていたことがあります。
その縁もあってか、私も彼の地を訪れたことがあるのですが、確かに空気の澄んだ、心和む町ですね。

投稿: うみがめ | 2008年8月 9日 (土) 16時09分

うみがめさん…いらっしゃいませ。

うみがめさんも吉備高原にご縁があったのですね。

ここの緑の中にいるとホッとします。

投稿: やもりん | 2008年8月 9日 (土) 18時27分

やもりんさんあの楽しい参観日からまもなくひと月が過ぎようとしています。が、我が家では二人の息子が「ぼくは~やもり~♪」と、歌っております。時々、朝には「昼が来ても朝が来ても朝田先生」と、間違ったことを言いながら…。また機会がありましたら、親にしか解らないギャグを織り交ぜながら楽しい時間をすごせることと思います。
 

投稿: 下竹保育園のママ | 2008年8月30日 (土) 22時52分

下竹保育園のママさん!
コメント有難うございます。

あの日は楽しかったです~。やもりんも一杯元気をもらったひとときでした。有難うございました!!

「やもりのチー太」の歌を覚えてうたってくださるなんて…嬉しい限りです。

またお会いできる日を楽しみに、やもりんもしっかり精進しておきたいと思います。ダジャレも音楽も…(笑)

投稿: やもりん | 2008年8月31日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張れVITS君! | トップページ | やっと… »