« 感動の「ポニョ」 | トップページ | カリグラフィー「ギルド展」 »

2008年7月28日 (月)

ビビリお漏らし…

朝から暑い一日です

今日は午前中、玄関周りの、植木鉢の整理をしました。

実は…昨日のことですが、大切にしていた「お母ちゃんの朝顔」を伝わらせていたビニール紐が2階のベランダの手すりの所からちぎれてしまい、つるが全部落ちてしまいました。

この暑さで、風化して紐がボロボロになっていて、もうつなぎ合わせるのも厳しい状態になっていました。(来年はもっと丈夫なネットを使わなければ…)

Photoそこで、仕方なく鉢を別の場所に移動させて、竿につるを引っ掛けることにしました。

種をとるまでは何とか頑張ってもらわないといけないので、少し見苦しくなりましたが、このスタイルでしばらく咲いていただきましょう 

Photo_2朝顔の鉢を移動したのをきっかけに、玄関周りのお花たちも、少し配置をかえました。

申し訳ないほどの狭いスペースに、恥ずかしいくらいのわずかなお花たちですが、暑さにもめげず青々と咲いている姿に、元気をもらえるような気がします。

特に先日、プラネタリウムコンサートに、はるばる勝央町から来てくださった先生が、ご自分で育てたお花の鉢や苗をたくさん持ってきて下さって、今はそのお花たちがきれいに咲いています。

午前中、長袖のジャケットを着て黙々と作業をしていたら、時間の経つのも忘れ、もう11時近くになっていました。額や首筋から汗が「ぴゅう」っと出てくるのがわかるくらい汗いっぱいです。

暑かったけど、少し土いじりが出来て、何となく満足のやもりんでした

    

さて…ここからが本題!

タイトルに繋がる話しです。

夕方…倉敷地方はすごい雷が鳴り、夕立がありました。

実は、家の老犬「メロディー」は雷が大嫌い!怖くてたまらないようです。

今日は、私は仕事だったので、家でお留守番していたメロちゃんですが、あまりの怖さに「ビビリお漏らし」をしてしまったようです!

しかも、わざわざ、私の部屋に入って、大切なピアノの下に敷いてある敷物と床にかなりの広範囲、かなりの量の「おしっこ」です。

いつもはこんなことはないので、気付かずにいて、どれくらい時間がたったのかも分かりません。何気なくやもりんがピアノの前を歩いたとき、足の裏がビチャっと何かで濡れた、いや~な感触…。

「ぎえ~っ!なんじゃこりゃあ!」やもりん、思わず叫んでしまいました。

せめてもの救いは、メロちゃんのおしっこがピアノの足の下にまで届いていなかったことです。あと5センチくらいのところで、かろうじておしっこの湖が終わっていました。

もう12歳の老犬なので、もしかしたら、そろそろ呆けてきたのかしら…でも雷が怖いのは確かです。いくら怖いからと言っても、おしっこされてはたまりませんね。

|

« 感動の「ポニョ」 | トップページ | カリグラフィー「ギルド展」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感動の「ポニョ」 | トップページ | カリグラフィー「ギルド展」 »