« 元気いっぱいです! | トップページ | 感動の「ポニョ」 »

2008年7月26日 (土)

汗だくの結婚式

Photo_4息ができなくなるくらいの暑さですsweat01

皆様はいかがお過ごしでしょうか…sunいや~本当に暑いですshock

今日やもりんは、結婚式の伴奏のお仕事でした!

ここは、レストランとチャペルがある素敵な会場なのですが、この「素敵な」という言い回しがくせ者ですangry

チャペルは、まるで地中海を思わせるような真っ白な壁、天井はガラス張りの部分があり、お空が丸見え!

想像しただけで「素敵」でしょう?ところが今日のような「激晴れ」(←こんな表現したくなるような晴れという意味です)の日にゃあ、眩しすぎるのであります!

しかもガラス部分から差し込むお日さまの陽は、じりじりと容赦なく肌に照り付けます。参列の方の一部と、バージンロード、それから正面の祭壇、そして…やもりんが弾くオルガンはまさに天然のスポットライトに照らさせれて、非常にいい感じshockでした。

30分の挙式の間に、汗がじわ~と出て、背中を汗が伝っていき、額の流れる汗をぬぐっていたら、厚く塗ったお化粧もすっかり落ちて、お風呂上りのような真っ赤な顔になっていましたspa

牧師さんも大変です…彼は私よりも陽の当たるところで、式を進めなくてはいけません。しかも外国人で、美しいブルーの瞳なので、この陽射しはまぶしくて仕方ないそうです。

日本人と違い、瞳の色が薄い外国人にとって、明るすぎることはかなり眼に負担になるんですね。日本人は、夜もとても明るい照明で過ごしますが、外国へ行くと薄暗いのは彼らの眼のせいなのでしょう…。

heart02ところで結婚式のほうは、幸せなお二人の感動の挙式でした。

やもりんは、正面少し右手で演奏しているため、入場してくる花嫁さんとお父さんの表情や、親族や友人の表情もしっかり分かります。今日は、新郎とお父さんの入場で扉が開いたとたん、新婦の口元が「まぶしい!」とつぶやいたのを見てしまいました(笑)

でもバージンロードをお父さんと、しっかり歩いてから、新郎に寄り添って祭壇に上がってきたときに涙している花嫁さんを見たときには、やもりんもちょっとキュンとしてしまいました。

披露宴の司会のお仕事と違い、結婚式の演奏の仕事は、どんなお二人なのかも知らないまま、ただそのときをお手伝いするだけなのですが、これこそ「一期一会」なのでしょうか…ご縁があったことに感謝しながら、精一杯の演奏をさせていただくだけです。でも何か素敵なパワーをもらえますhappy01

crown crown crown

さて、式の前に、イケメンのカメラマンとちょっと雑談しました。

もしも「Nikon」のカメラだったら「1個でも2個ん」というさむ~いダジャレを言うつもりだったのですが、彼が持っていたカメラは「Canon」でした。

そんなくだらないことに触れていたら、「なぜキャノンという名前がついたか知ってる?」と聞かれ、やもりんは知らなかったのでよくよく聞いてみると…

「観音」さまからきているそうです。確かにかんのんCanon→キャノンですね!これは本当のお話しです…かなり目からウロコ!

式場のスタッフや、カメラマンや、私たちのような聖歌隊の演奏や、牧師さん…それから表には出ないけれど、お花屋さんや美容師さん…みんなの力がひとつになってウエディングは出来上がって行くんですね。

今日のお二人…末永くお幸せにheart04

shine shine shine shine shine

Photo_5家に帰ると、お留守番をしていたワンコ「メロディ」がお出迎え…してくれました。

留守の間、何をしているのだか…あちこち家中歩き回っていることは確か…。

ただ、絶対に人間の食べ物には手を出さないし、いたずらもしないので安心ですが、ただいま衣替えの真っ最中とあって、家の中は犬の毛だらけですdog

これが…今最大の悩みの種ですcatface

|

« 元気いっぱいです! | トップページ | 感動の「ポニョ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気いっぱいです! | トップページ | 感動の「ポニョ」 »