« 最高のサウンドと仲間たち | トップページ | 収穫の「フライデー」 »

2008年6月26日 (木)

幻の花の開花…間近!

Photo_3今日は、中継の日です。

倉敷市松島の川崎医大の、南西すぐのところにある「両児(ふたご)神社」にお邪魔しました!

ここにある「竜舌蘭(リュウゼツラン)」という不思議な植物は、70年に一度しか花をつけないのだそうです。

まさにその幻の花が、まもなく開花しそうだということで行ってきました!

アロエのような、とげとげの葉っぱですが、大きさは、株の直径が2メートルくらい、茎の伸びた高さは7メートルくらいあります。「蘭」と名前がついていますが、蘭科ではないようです。それに、茎が伸びた姿が「竜」のように見えるのか、名前の由来もはっきりしたことが分かりません。不思議な植物です。

メキシコではテキーラを作るための植物として、栽培されているそうです。

つぼみはかなり膨らんでいるようなので、開花はもうすぐだろう…と、宮司さんもまだ花を見たことがないそうなので、とても縁起が良い!とおっしゃっていました。

宮司さんご夫妻と、お友達の、3人の皆さんとお話しをしたのですが、みなさんとっても感じの良い方たちで、やもりんもすっかり色んなお話しで意気投合してしまいましたよhappy01楽しい中継でした!

詳しい内容は 「FMくらしき:お出かけラジオ」でご覧くださいね。

club club club

その後は、明日の番組の準備。

夜は、岡山のお店で演奏でした。

note note note

|

« 最高のサウンドと仲間たち | トップページ | 収穫の「フライデー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高のサウンドと仲間たち | トップページ | 収穫の「フライデー」 »