« 益田・フレンチ・日本海(その②) | トップページ | オフモードです »

2008年4月13日 (日)

益田・フレンチ・日本海(その③)感動のフィナーレ(涙)

さてさて…披露宴の仕事は昨日無事終了…karaokehappy01

その後のことですが、やもりんどうしても、もう一日、益田において欲しいと頼み込みました。披露宴では司会のお仕事でしたが、自分の楽器も積み込んできていました。こんな素敵なお店で演奏が出来たら…noteという思いがあり、本当に図々しく滞在延長することになりました。coldsweats01

昨夜は、シェフと奥様と、もうすぐ2歳のお嬢ちゃんと一緒にお食事に誘っていただき、益田のおいしい いけす料理の店「田子作」に連れて行ってもらいました。

以前 「人気もん」 という番組で「ボンヌ・ママン・ノブ」も取り上げられたのですが、ここ「田吾作」もそのときにご紹介されたお店です。

テレビでも見たイカの刺身…やもりんびっくりcoldsweats02!刺身になっているのに、くねくね動くんですよ…イカが…。でもいちばん動くところを頂いちゃいましたcoldsweats01甘くて美味しい!

カワハギのお刺身も、まるでふぐ刺しのように薄く切ってお皿に並べられてポン酢でいただくのですが、これも絶品!

美味しい時間を堪能させていただきました。

さて、一夜明けて、今日はお店のオープンが11:30なのでそれまで益田の街を散策しようと思い、これも「人気もん」で見た 「田中ぶどう園」 に行って見ようと思いました。

昨日の新郎新婦さんもここのジャムを引き出物にされたということでしたので、やもりんも興味津々…。

Photo_51 この時期、葡萄はないけれど、娘さんがパン屋さんをされているということでしたので、テレビで見た美味しいパンを求めてGO…rvcar

勢い一杯でしたが、意外と「ボンヌ・ママン・ノブ」のお店のすぐ近くでした。

ぶどう園に隣接している「MONUKKA」(モヌッカ)という幻の葡萄の名前のついた素敵なお店です。

Photo_52

焼きたてのパンやお菓子、ラスクなどをお土産に買い求めました。香りが車の中に立ち込めていい感じです。

ジャムは今はシーズンオフらしいですが、この後イチゴ、メロン、杏、葡萄…と次々登場するそうです。美味しそう!

帰ってきてパンを頂いてみましたが、ずっしりとした濃厚なお味。

こんなパンやさんが近所にあったらいいのに…と思ってしまいました。

Photo_53さあ、今日は「ボンヌ・ママン・ノブ」の日曜日の通常営業です。

海を見ながら、みなさんがお食事をされるところで、BGMを弾けるので、やもりんも楽しませていただきました。

今日のお客様の中には、理学療法士の国家試験に合格して就職された彼女のお祝いに、お食事にこられたカップルもおられて、サプライズでケーキをプレゼントしたいという彼の要望にお答えして、シェフがこんなに素敵なケーキを作りました。

やもりんもBGMでお手伝いさせていただき、素敵なひとときになりましたheart04

ランチの間、演奏させていただきましたが、その後、なんとなんと…

シェフが私のためにスペシャルなコース…題して「ASADAスペシャル」を用意してくださったのですsign01

Photo_54 まず…前菜です。

新鮮な野菜と人参のタルトのオレンジ風味。

野菜の上に載っているスティック上のものは林檎です。

タルトも綺麗で、オレンジの風味がとても爽やかです。

ここのお料理は、地元の美味しいお野菜がふんだんに使ってあるのが自慢なのだそうですよ。

Photo_55続いては、冷製ポタージュスープアールグレイ風味です。

紅茶の香りが、とっても不思議な感覚…。

こんなスープはやもりん初めての体験です。

浮かべてあるクルトンもシュークリームの皮生地にチーズを混ぜて焼いたものだとか…。

とにかく…パンも何もかも全て 手作りなんです!!

Photo_56 メインはこれ!

イベリコ豚pigです!テレビでしか見たことのない食材です!スペインイベリコ地方でどんぐりを食べて大きくなったイベリコちゃんには、とてもオレイン酸が多く含まれているのだそうです。

そしてイベリコちゃんの下で、イベリコちゃんを支えているのが、益田産「葉たまねぎ」と「しいたけ」そして私が最初の日にハマった「チェーチ(エジプト豆)」です。

このチェーチを使ってくださるところなんて、シェフもなかなかお茶目ですeyegood周りは赤キャベツのソース。ジューシーなイベリコちゃんに感動!

Photo_57 そして耐えられなくなってしまったのが、このメルシープレートのデザート!

イチゴのシャーベットとブラマンジェです。器の底にチョコレートムースが敷き詰められているので、食べるときにはそのチョコたちが出てくるという仕組み。

Merciの文字は粉砂糖で書いてあり、沿えてあるお花は、お庭に咲いているものをアレンジしてくださり、とっても綺麗なデザートです。

それまでだいぶ頑張っていたのですが、もうやもりんは感動のあまり号泣してしまいましたcryingsweat02sweat01

私のために心を尽くしてくださったことへの感謝の気持ちでいっぱいになり、お腹もいっぱいになりましたが、それ以上に心も満たされて、とても幸せな気持ちでした。

以前、有井先生が、やもりんのために手料理をご馳走してくださったことがあり、そのときにも心のこもったお料理に泣けたことがあります。いい音楽を聞いたり素晴らしい絵を見たりするのと同じように、心のあるお料理も人を泣けるほど感動させることができるんだとつくづく感じた瞬間でした。

Photo_58NOBUの皆さんです。

左からスタッフのかめちゃん(愛称)、奥さんのお母様、シェフの上田幸治さん、抱っこされているのが愛娘のこころちゃん、そして奥様の直美さんです。

直美さんは以前、国際線のフライトアテンダントをなさっていたということで、お客様にお料理を出したり対応される姿がとても美しく、レストランの中は機内airplane?と勘違いしそうになります。

スタッフのかめちゃんとも、最初の日から仲良しになりました。とても親切で、気さくな素敵なスタッフsmileです。もうおひとり(写真には写っていませんが)むくちゃんと言うスタッフにもお世話になりました。NOBUに来て間もない若いスタッフでとても真面目でまっすぐなところが初々しかったですhappy02

直美さんのお母様もお野菜を作ったり、こころちゃんのお世話をしたり…と、ここではなくてはならない存在のようです。(写真には写っていませんが)お父様もお店のプランターを作ったり、お掃除をしてくださったり、みんなとっても働き者です。

こころちゃんは、アンパンマンが大好きらしく、アンパンマンのカバンやお人形を大切に持っていました。やもりんが「アンパンマンの唄」を弾くと、とってもうれしそうに「アンマン!アンマン!」と、聞いてくれましたhappy01

上田ファミリーも9月にはもう一人新しく増える予定だそうですheart01きっとさらににぎやかになることでしょうね。

やもりんの「益田・フレンチ・日本海」完結です。

このブログをご覧になった皆さん、ぜひ行ってみたいと思われたことでしょう!本当に言葉ではうまく言えませんが、ぜひ 「ボンヌ・ママン・ノブ」 マジックを体験してみてください。

ご来店の際には、必ずご予約してくださいね。

本当に素晴らしい益田の3日間でした。お世話になった皆さん本当に有難うございましたconfident

|

« 益田・フレンチ・日本海(その②) | トップページ | オフモードです »

コメント

やもりんさん、こんにちはhappy01

素敵なお式から始まり、お料理、美味しいお店情報ありの内容、じっくり楽しく読ませていただきました。
やもりんさんが心温まるおもてなしに
号泣されるのも納得ですheart04
私もジィ~んときましたweep
素敵な人たちですね。
そして、こんなセンスあるレストラン、本当に行きたい!と思いました。

こんなおいしそうな前菜は始めてみました見ましたnote
おっ!メインはイベリコ豚ですねっshine
おいしそうhappy02

投稿: まさ | 2008年4月14日 (月) 21時50分

まささーん!

ついに行って来ましたわあ!
景色もお料理も人も何もかも素敵で、癒された3日間でしたよ。
 
イベリコちゃん最高でした!

まささんも是非お出かけください!倉敷から往復で580キロ走りましたよcar

投稿: やもりん | 2008年4月14日 (月) 23時28分

 やもりんさん今日は、下山鉄道です。前々から1度行ってみたかった石見益田の情報をありがとうございます。米子・松江・出雲市・玉造は2回に分けて行ったのですが・・米子駅の発車時刻表を見た時、益田行の列車の多いこと。どんな所かな~と思ってます。石見アクオスとか温泉津とか行ってみたい。いつのことになるやら・・・。それより先にやもりんさんが教えてくれた、あの幅広うどんをさきに攻めに行きたいですね!!

投稿: 下山鉄道「特急ウルトラまつかぜ」号 | 2008年4月20日 (日) 10時06分

下山鉄道さん、お久しぶりです。
是非…益田を楽しんでください。情熱的な日本海の景色と美味しいもの盛りだくさんのいいところです。
もちろんコースには「ボンヌ・ママン・ノブ」を入れてくださいね。

幅広うどん「しのうどん」ですね。よっぽど気になっているようですね。今度送ります!

投稿: やもりん | 2008年4月20日 (日) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 益田・フレンチ・日本海(その②) | トップページ | オフモードです »