« ぼっけえ元気になる「免疫アップスープ」! | トップページ | 素敵な歌声に…感動! »

2008年1月26日 (土)

ちょっと真面目に…福祉について

土曜日は基本的に休日なので、気分的にちょっとほっと出来ます。

今日は午前中どうしてもしてしまわなければいけないデスクワークがあり家にいたのですが、昨日番組でご紹介していただいた「早島町もちつき大会」が10時から13時までということが気になっていました。

この催しは「もちつき大会」と言う名前ですが、早島町の地域の皆さんと障害者の皆さんとのふれあい事業で、毎年行われているものだそうです。

たくさんの地域のボランティアの皆さんと作業所などで日々頑張っている障害者のみなさんの関わりを強く感じる催し…昨日は実行委員長さんにスタジオにお越し頂き、お話を聞いたところでしたので、お昼近くなってから出かけることにしました。

FMくらしきに用事があったので会社に立ち寄り、早島に着いたのが12時40分ごろ…さすがにおもちつきは終わっていて皆さん片付けモードでしたが、おそろいのパーカーを着た皆さんが大勢動かれているのを見て、無事に盛会に終わったことが分かりました。

福祉センターのスタッフの方や、昨日ご出演くださった実行委員長さんもおられて、ごあいさつは、できました。

早島町は「高福祉のオアシス都市」を目指して活動しており、障害者の皆さんを地域全体で支えているんだなあと感じました。素晴らしい取り組みですね。

やもりんは、過去に2年間だけですが、知的障害児の通う養護学校のスクールサポーターをしたことがあり、障害を持っている子供たちとのかかわりの中でいろんなことを学びました。

彼らを上からの目線ではなく、同じ目線で見ることで、真の人間のあるべき姿を感じられ、とても素直で純粋な子供たちと一緒にいると、自分がとても人間らしく素直になれたことを覚えています。彼らの、「障害」という壁には、私自身が出来ることで手を差し伸べてあげたらいいのだと、何も気負う必要は無いのだと、思うのです。

人は、生きていることに必ず意味があるといいますよね…あの天使のような心の子どもたちは、言葉ではうまくいえないけれど「元気」や「勇気」をみんなに感じさせてくれるような気がします。

ただ、彼らの家族にとっては、365日、四六時中障害を持った彼らと向き合うわけですから、けして良い時ばかりではないと思います。大変なこともあるだろうし、不安もたくさん抱えておられることでしょう。そこの部分を周りのみんなでサポートしてくことが必要なんだと思います。

やもりんは、公共の電波でしゃべる立場の人間…。私に出来るお手伝いは、そういう取り組みを皆さんに理解して頂くことだと思っています。これからもこういう活動を見守りながらリスナーのみなさんにお伝えしていこうと思っています。

|

« ぼっけえ元気になる「免疫アップスープ」! | トップページ | 素敵な歌声に…感動! »

コメント

やりもんさん、こんにちは。
旅行から戻ったら興味がある投稿に目がいきました。
私も福祉関係の仕事をしているんです。
主に高齢者や障害者で、時々施設に行くこともあります。
>人は、生きていることに必ず意味があるといいますよね

本当ですよね。彼らは本当に純粋で… 
おべんちゃらを言ったりもへつらう事もしない。私自身、同じ目線で接することにより、彼らに励まされる事が多々あります。
だけど周りから理解されずに(特に家族は)大変な思いをされている事もあります。

もっともっと理解してもらえたらいいのにな、と常々思っています。
私もそうです。小さな事から協力出来る事、していきたいな~っと思います。

投稿: まさっぺ | 2008年1月27日 (日) 22時10分

心強いコメント有難うございます。

まさっぺさんは、福祉関係のお仕事をなさっているんですね。色々大変なこともあると思いますが、素晴らしいお仕事ですね…。

ぜひまた色んなご意見を聞かせていただきたいと思います。

そちらのほうで行われている色んな取り組みについても、またお知らせくださいね。

投稿: やもりん | 2008年1月28日 (月) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼっけえ元気になる「免疫アップスープ」! | トップページ | 素敵な歌声に…感動! »