« 寒~い…ブルブル | トップページ | わくわくフライデー »

2008年1月17日 (木)

阪神淡路大震災から13年…

あの大惨事から13年が経つのですね。あの朝は、ここ倉敷でもかなりの揺れがあり、少々のことでは目が覚めない私でさえ、しっかり目が覚めて怖いと感じたのを覚えています。

今日のワイドショーでは、神戸の中学生へのインタビューで、当時のことを覚えていないという子がほとんどでしたが、(彼らは当時赤ちゃんだったわけですから無理もありませんが)そのなかのある男子生徒が「当時のことは記憶にないけれど、周りの人に色々話を聞いている。助かった命だから亡くなった人の分までしっかり生きていくことが自分の使命だと思う」と言ったコメントを述べていました。

13年前、1月13日に奈良に住んでいる叔父が急死し、私の両親が葬儀のために出かけていたのですが、家に帰ってきたのが1月16日。その翌朝にあの地震がありました。一日でも帰りをずらしていたらと思うと…。

その後、叔父の四十九日の法要には、交通機関が復旧できていないところがあるということで私が車を運転して奈良まで行った記憶があります。

そのとき車窓にうつる景色には、神戸あたりのどの家屋もまだ屋根にブルーシートを貼っている状態で、地震のすごさを目の当たりにしました。

私が今、仕事をしているFMくらしきも、阪神淡路大震災のあと、災害のときに大切な地域の情報を伝えるコミュニティー情報局として開局したラジオ局です。

ということで今日の中継は、早島町で防災マップを作ったグループの皆さんにマイクを向けさせていただきました。寒い中継でしたが、皆さん本当に温かい、熱い気持ちの方ばかりでしたよ!詳しくは、FMくらしきのHPでご覧ください。

備えあれば憂いなし…と言いますが、もう一度我が家も防災について考えてみたいと思います。

|

« 寒~い…ブルブル | トップページ | わくわくフライデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒~い…ブルブル | トップページ | わくわくフライデー »